Entries

「韓国の対日感情」報道に思う

お久しぶりです。昨日(6月11日)、ソウルに戻りました。
今回の一時帰国、メインは友人(といっても若い)の結婚式参加のため。
在日韓国人男性と中国人女性の結婚式、とても国際的で面白かったです。
着物姿のお客さんがいない日本での結婚式、初めてでした。

さて、ソウルに戻ってきて朝日新聞(6月11日)を開いたら、
「韓国人は日本をそんなに嫌い?」
との見出しが。
先月5月8日にも、
「日本人は韓国、韓国人は中国に親しみ」
副題が、過去1年「印象悪化」日韓ともに(悪化した人が)4割前後
という見出しの記事があったので、それの続きみたいな内容でした。

詳細は、記事を見ていただくとして、まあ簡単にいえば、
韓国人は、なんで日本が嫌いなの?
嫌韓流がいる一方で、日本では韓流で韓国好きが増えたのに、
なんで韓国人は、中国の方を向くの?
ということなんでしょうか……

この種の記事を見るたびに、ソウルに住む私は違和感を覚えます。
確かに、日韓には歴史問題その他いろんな問題があります。
北朝鮮がらみの問題もある。
でも、それによって自分が不快な思いをしたとか、危険な目に遭ったとか、
本当に、ない。
まして、韓国人の友人が、日韓関係の悪化で「あなたは日本人だから縁を切る」
なんて言ってきたことも、ない。
なんか、こういうこと気にしすぎじゃない!?と思います。
もちろん、歴史問題その他、未解決のこともたくさんあるし、
ひどい発言があるのも事実、それらに向き合うことは必要。
でも、なんで、日本を好きか嫌いか、そんなに意識するんでしょう?

私は言いたい。
韓国人の対日感情を意識するヒマがあったら、
そのエネルギーは、韓国の文化や社会、歴史理解に向けろ、と。
韓流で、エンタメ情報は急増しました。
それはそれで、大事なことだし、大きな進歩だと思う。
でも、日本人はまだまだ、韓国について知らないことが多すぎる。
例えば、「韓国の代表的作家は?画家は?」と聞かれて、
ちゃんと答えられる人、どれくらいいるでしょう?
恥ずかしい話、私も、誰も名前を挙げられませんでした。
一方、韓国では、日本の文学や芸術に関する情報は、
日本での韓国文学や芸術の情報より、ずっと多い。
日本社会で起こる事件や事故も、韓国人とは直接関係ない案件でも、
報道されます。でも日本では、韓国関係のニュースの分野は偏りがあるし、
限られている。
だから、何か問題が起きると、「行ったら危ない」というイメージしか
わかなくなってしまう。

ソウル市内の外国人向けの看板、表記が、日本語から中国語主体に変わった
ことも、記事には書かれていました。
この事情については、私も5月29日に書きました。
でも、中国語表記が増えるのは、当たり前です。
前紹介しましたが、ロッテ百貨店の外国人顧客全体の売上中、中国人は70%近く。
一方の日本人は、たった14%。
売る方だって、生活がかかっているから、たくさん買ってくれる人に
親切になるのは、自然な流れです。

日本の報道機関も、いろいろ社内事情があり、載りやすい記事、
載りにくい記事があるのでしょう。
だから、ある程度はしかたないかもしれないけど、
等身大の韓国事情、様々な角度からの韓国報道が増えることを、望みます。

希望は、あります。
延世大語学堂で知り合った友人。
韓国のNGOで働いている友人。
友人をとおして知り合った、韓国の大学院に通う友人……
いろいろな縁で知り合った様々な日本人が、日韓をつなぐ役割を果たして
くれると、信じています。
また、自分の好きな韓国人の作家名で検索すると、誰かがブログ等で
紹介している。それも、とてもうれしいことです。
好きな本の紹介は、おいおいに私もしていきたいですが、
なかなか力不足で……でも、自分もがんばります。

スポンサーサイト

Comment

 

ぱんだパパもんが、日中韓の架け橋になりますう。くまもんも応援に来ないかな⁈
  • posted by ぱんだパパもん 
  • URL 
  • 2013.06/13 14:38分 
  • [Edit]
  • [Res]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2013.06/16 00:43分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: 共感しました 

ありがとうございます。とてもとてもうれしいです。日韓の互いの相手についての情報量・質、知識・理解度のギャップは、韓国に住んでいて最も痛感するところです。
授業、生徒一人一人が今後国際交流をする上でのよい土台となりますよう!

ところで、確か、張英姫の本の紹介を、されていましたよね。発見したときは、やった~!と思いました。これからも、よろしくお願いします^^
(この返信、ちゃんと本人だけに送られるのかしら?まだブログの使い方がよくわからなくて。すみません。)
  • posted by はこ 
  • URL 
  • 2013.06/16 08:26分 
  • [Edit]
  • [Res]

私も同じ考えです。 

私も同じ考えです。日本と韓国の文化や歴史を理解して、互いに、その違いを楽しめるようになりたいと思っています。そんな活動をしたいと思いますが、なかなか難しい。韓国の人たちは、話そうというのですが、日本側が(私も含めて)ちょっとひいてしまう。加害者意識があるのでしょうね、、、、。

今、公州にすんでます。ソウルと違って、田舎ですが、気に入ってます。韓国語の書類に埋まってる生活をしてますが、やはり、それなりにストレスはあります。分からないから、、、。笑
湖林美術館のコメントを探してここにたどりつきました。
1959生まれです。韓国を丁寧に知ろうとなさっている気持ちが、同士を得たようでうれしいです。ありがとうございます。
  • posted by riesyuwa 
  • URL 
  • 2013.06/23 10:44分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

心のこもったメッセージ、ありがとうございます。大変うれしく、心強く、励みになります。

公州に住んでいらっしゃるのですね。公州は、7年前に旅行で韓国を訪れたとき、博物館に興味があって、行きました。それ以来行っていないので、ソウル滞在中にぜひ行きたいと思っています。地方から見る韓国というのは、ソウルでは見えない、気づかないことがまたいろいろあるのではないでしょうか。いつか、そんなお話を伺う機会があれば、うれしいです。
  • posted by はこ 
  • URL 
  • 2013.06/23 21:50分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はこ

Author:はこ
2011年3月~2014年3月の3年間韓国で生活。韓国滞在中の2013年2月に「もっともっと韓国」開始、完全帰国後も大阪からしばらくの間韓国情報を中心に発信してきました。が、帰国後日本、中国語文化圏の情報が増えたこともあり、タイトルを「もっともっとアジア」にしました。より多様な内容で進めていきますので、今後ともよろしくお願いします!
拙著『不思議がいっぱい韓国』もよろしくお願いします!

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR