Entries

2016年1月台湾の旅2 空港~市内 リムジンバスで移動

昨日、久しぶりの訪台で、以前残って保管しておいた硬貨が今回使えるか
どうか不安だった、と書きました。
初日にそれと同様不安だったというか、まず到着してすぐにしなければ
いけないこと――台湾桃園国際空港から台北市内まで無事移動できるか、
がちょっと心配でした。

心配していた割には、出発前まで慌ただしくて、こういう不安材料の下調べ
をほとんどしていなかったという(^_^;)
難波から関空に向かう電車の中で初めて、リムジンバスについて検索
しました。
検索して出てきたバスに乗れば大丈夫そう!
そして台湾の空港到着後、リムジンバスのチケット売り場に向かいました。

台北市内までは、何社かがリムジンバスを運行しています。
調べておいたのは、「国光客運」のバス。
ところがチケット売り場は、お客さんがずらっと並んでいて、時間がかかり
そう。
ふと他のカウンターを見たら、空いている所があるではありませんか!
しかも、あまり待たずに台北駅行きが出る予定の様。
よかったあ、とチケット購入。
しかも、調べていた価格より安く、90元(日本円で約315円)。
ちょっとお得気分(^^)
ところがこの価格の安さ、乗ってからわけがわかりました。

まず、乗り場に来たバスが、ボロ。
シートベルトもこわれたまま。
高速通らないのかな?
不安は的中し、夕方渋滞する一般道をノロノロノロノロ。
幸い急ぎの用事はないとはいえ、これは時間かかりそうだなあ、
困ったなあ、でも乗ってるしかないし……と、外を眺めていました。
やっぱりチケットを買うとき、どこを経由するか、確認しとけばよかった、
と後悔しながら。

すると途中から、高速道路に入り、雨の中をビュンビュン走り出しました。
カーテンつきの立派そうな国光客運のバスも追い抜いて!
しかし、シートベルトなしで、正直こわかったです。
ひじかけにずっとつかまっていました。
無事台北駅に着いたときには、ホッとしました。
所要時間も、1時間10分くらいでした。
2時間超えるかもと予想していたので、よかった。

帰りは、台北駅西側にあるバスターミナルから、迷わず国光客運の
リムジンに乗りました。
125元(約438円)。
所要時間は約45分。
次回からは、こっちに乗ります。

タクシーも安いので、タクシーで移動してもいいと思います。
でも、もし言葉がわからなくても、台湾はバスや電車での移動が割合
しやすい所だと今回感じました。
何より漢字表記というのは、日本人にはわかりやすいですね。
チケットカウンターでは英語も通じますし、個人旅行ならリムジンバスで
移動するのもいいですよ。

しかし……地理的に不案内なのって、こうも不安感があるんだ、と
久しぶりに海外でその感覚を味わいました。
空港から台北市内に向かうとき、今どの辺を走っているのかさっぱり
わからず、「韓国だったら、ソウル~仁川間を何度も往復しているから、
風景で大体どの辺まで来ているかわかるのになあ」と、韓国での移動
が、ちょっと懐かしくなりました。
まあそれだって、最初は不安だらけだったのですけれどね(^_^;)
トシをとると、新しいことに慣れるのがちょっとしんどくなります。

写真は、台北駅西側にあるリムジンバス乗り場にて。
2016年1月23日 台北駅リムジンバス乗り場
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はこ

Author:はこ
2011年3月~2014年3月の3年間韓国で生活。韓国滞在中の2013年2月に「もっともっと韓国」開始、完全帰国後も大阪からしばらくの間韓国情報を中心に発信してきました。が、帰国後日本、中国語文化圏の情報が増えたこともあり、タイトルを「もっともっとアジア」にしました。より多様な内容で進めていきますので、今後ともよろしくお願いします!
拙著『不思議がいっぱい韓国』もよろしくお願いします!

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR