Entries

韓国生活思い出の食べ物――おにぎり

外国に行けば、その土地の料理を食べるのが何よりもの楽しみになります。
が、そこで一定期間生活するとなると、ローカルフードばかりの毎日は
ちょっとツライ。
ということもあって、外国生活での思い出の食べ物は、土地の料理だけで
なく、和食だったり洋食だったりもします。

私にとって、韓国生活思い出の食べ物のひとつは、おにぎりです。
ソウルに引っ越す前もよく作っていましたが、ソウルではもっと作るように
なりました。
韓国のごはんがおいしかったからでもあるけれど、私がソウルに住み
はじめた5年前は、おいしいパンの店が家の近くになく、だったら朝
もごはん、ということでよくおにぎりを作っていました。
特によく作っていたのは、夫が足の指を骨折して外で食べるのが難しく、
お弁当を持たせていたときでした。
ちょうど(というか、あいにく)大統領選と重なり、選挙当日は何個握ったか
忘れてしまったけど、とにかくたくさん作りました。

ここで、おにぎりに関するクイズをひとつ!(^^)!
韓国語でおにぎりは、「주먹밥」(チュモクパプ)。
「주먹」は握りこぶしのことですから、まさに「握り飯」ですね。
では、中国語では何と言うでしょう? (  )に入る漢字を選んでくださいね。
「饭(  )」
拳   圆(丸、丸いの意)   块(かたまりの意)   团(=団)
答えは最後に~

おにぎりのことを思い出したのは、先日広島を訪れたときでした。
私は千葉県出身ですが、母は広島県出身。
母が里帰りすると買っていた品がいくつかあるのですが、そのうちの
ひとつが三島食品の「炊き込みわかめ」。
三島食品といえば、しそふりかけの「ゆかり」が全国区になってますよ
ね?(多分。私はいろんな地方のスーパーで見かけます)。
先日ワイドショーで、このゆかりがペン型の入れ物に入った商品が、
携帯にも便利ということでよく売れていると紹介していました。

実家にいたときから、この炊き込みわかめになじんでいた私は、
今でも在庫を切らさないようにしています。
韓国に住んでいたときも、一時帰国の際関東のどこかで見つけ、
買って帰ったような……おにぎりを作るのに便利なんですよね。
でも、どこにでも売っているわけではないので、広島に行ったとき、
駅ビルの店に売っているのでそこで買って帰るようにしています。
(ネットで買えばいいんでしょうけどね、ネットで買い物しないので)。

ところが……先日広島に行ったとき、この炊き込みわかめが棚にない!
店員さんに尋ねたところ、
「年末に大量入荷したんですけど、正月明けに全部売れちゃったんですよ」
とのこと。
残念……でも、あきらめきれない私が一段下の棚を見たところ、
何と最後の一袋が別の商品の上に落ちていたではないですか!
店員さん、「よかった~ でも、これでいいんですか?」
私、「いいんです、よかった! 広島に来たら、これ買うのが楽しみなん
です!」。
と、無事ゲットしたのでした。

広島駅の駅ビルの商店ですから、広島に住んでいる人というよりは、
正月休みで帰省した広島出身の人たちが、懐かしくて買って帰ったの
でしょうね。
ふりかけという庶民の食べ物にも、その土地出身者の郷土愛が詰まって
いるのですね(^◇^)

韓国の料理本にも、きっとおにぎりが載っているはず……
と探したところ、ありました!
『買い物する旦那さん、料理するお父さん』というタイトルの本に
(^-^)
ソウルに住み始めたころ、とにかく料理するのも韓国語を読むのも
難しくない料理本を、と必死に探した本です。
韓国のスーパーにも、おにぎりの素みたいなもの、売ってますよ。

2016年1月11日撮影 韓国の料理本 おにぎり

クイズの答え : 「饭团」です!(^^)!
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はこ

Author:はこ
2011年3月~2014年3月の3年間韓国で生活。韓国滞在中の2013年2月に「もっともっと韓国」開始、完全帰国後も大阪からしばらくの間韓国情報を中心に発信してきました。が、帰国後日本、中国語文化圏の情報が増えたこともあり、タイトルを「もっともっとアジア」にしました。より多様な内容で進めていきますので、今後ともよろしくお願いします!
拙著『不思議がいっぱい韓国』もよろしくお願いします!

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR