FC2ブログ

Entries

日本人と中国人 韓国で買うものの違いは?

今まで何度か書きましたが、韓国を訪れる中国人観光客が増えています。
先月(2013年4月)韓国に来た中国人は、初めて30万人を超えました。
1年前と比べ40%の伸び、と、急増しています。
先月韓国を訪れた外国人のうち、3人に1人は中国人だったとか。
一方、訪韓外国人の中で、ずっと1位だった日本人は、先月19万9千人と、
20万人にも及ばず。昨年円高のころは、ひと月30万人くらい来ていましたから、
30%以上の減少です。

この状況は、ソウルの街中を歩いていても、よくわかります。
円高のときは、外出したら、日本人を見ないときはありませんでしたが、
今は、ほとんど一人もすれちがわないことも。
(日本人観光客は、だいたい見分けがつきます)
反対に、中国や東南アジアの人は、必ずと言っていいほど、見かけます。
そして、街の看板をみていても、変化を感じます。
食堂やデパート、スーパーの食品売り場では、今も日本語の表示があるけれど、
化粧品店、アクセサリー店などでは、中国語の方がずっと目立つ。
というか、日本語の表示がほとんどないことも。
先日入った明洞の化粧品店は、商品のビニール包装ひとつひとつに、
黒マジックで大きく書かれた、中国語の手書き文字が\(◎o◎)/
「蛇毒面膜」(面膜=顔パック)なんて、意味はわかりやすいけど、
ギョッとしちゃいます。
日本人観光客が減り、日本人専用のガイドさんなどは、本当に大変なようですが、
中国人相手に売ればいいし、その方が売上がずっと増えるとわかってきたお店は、
中国人顧客シフトにかわってきています。
ロッテ百貨店でも、外国人顧客全体の売上中、中国人が70%近くを占めます。
日本人は、たった14%。
もちろん、たくさん買えばいい、というもんじゃないですけど。


この売上の数字とも関係あるんですが、日本人と中国人では、買うものが違います。
ロッテ百貨店でも、地下の食品売り場の主な客は日本人、
ファッションブランド品売り場のある2、3階は、中国人。
ロッテ百貨店の、外国人客人気ブランド品ベスト10も、
中国人は、ほとんどがファッションブランド。
日本人のベスト10は、化粧品ブランドがたった1つで、あとは全て食品ブランド。
その化粧品は、「ハヌルホス」なんですが、韓国紙には、「ハヌルホスとかいう
韓方化粧品」と、書かれていました。
食品も、「ブランド」といっても、韓国海苔かキムチです。
時計、バッグ、アクセサリー、服……高級ブランド品を買えば、当然、
中国人客の売上は、大きな額になりますよね。
日本人が、いくらがんばって高級海苔を大量に買っても、とてもかなわない。


日本人と中国人の、韓国での買い物の趣向の違い、円安で苦しいとか、
海外旅行での買い物のスタイルが日中で違うとか、いろいろ理由はあるでしょう。
が、私は個人的に、服やバッグなどファッションブランドに関しては、
色など好みの違いも関係あるのではないかと、思っています。
というのも、自分が服など買うのに、いつも困っているからです。
何とか気に入るものを……と、あちこちお店に入ってみるのですが、
結局気に入るのがなくて。
(もちろん、韓国で服やバッグを買うのを楽しみにしている人もいるし、
同じ日本人でも、好みの違いはありますが。)
2年以上住んでいるけど、服はほとんど買ったことがありません。
一時帰国のときは、どんなに忙しくても、服を必ず買いに行きます。
韓国のは、色や模様がハデ!同じ黄色や青色でも、日本のと違う。
よく新聞に、スポーツウェアの広告が入りますが、本当にカラフルです。
でも、色や模様の好みでいうと、中国人も派手好みですから、
韓国のファッションブランドは、中国人の好みに、日本人より合うんでしょうね。

2013年5月29日 スポーツウェア広告


ーおまけー

それでも日本人は、海苔が好き。
私も、日本へのお土産に、ほとんど毎回買って行きます。
私が好きな韓国海苔です。Eマートに売っています。
韓国は、商品がコロコロ変わるので、気に入ったものをやっと見つけても、
次に行ったら売ってなかったりするんですが、
お気に入りの海苔を見つけるのは、種類が多くて結構大変なので、
いつまでも売っていてほしいです。

2013年5月29日 Eマート韓国海苔

参考記事:2013年5月4日、20日毎日経済
     2013年5月16日 東亜日報



スポンサーサイト



Comment

 

ぱんだも、カラフルにしたら、韓国で人気が出るかな?
  • posted by ぱんだパパもん 
  • URL 
  • 2013.05/29 13:41分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はこ

Author:はこ
2011年3月~2014年3月の3年間韓国で生活。韓国滞在中の2013年2月に「もっともっと韓国」開始、完全帰国後も大阪からしばらくの間韓国情報を中心に発信してきました。が、帰国後日本、中国語文化圏の情報が増えたこともあり、タイトルを「もっともっとアジア」にしました。より多様な内容で進めていきますので、今後ともよろしくお願いします!
拙著『不思議がいっぱい韓国』もよろしくお願いします!

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR