Entries

ソウルのステキな散策路 北岳山ソウル城郭

2013年4月21日の記事で紹介した서울성곽(ソウル城郭 ソウルソングァク)。
このときは、동대문(東大門 トンデムン)~삼청동(三清洞 サムチョンドン)
北にある와룡공원(臥龍公園 ウァリョンコンウォン)でした。
今回は、臥龍公園~부암동(付岩洞 プアムドン)の
창의문(彰義門 チャンイムン)コースです。

2013年5月26日 ソウル城郭1

コース案内の前に、ソウル城郭について、資料を元に、簡単に紹介を。
ソウル城郭は、全長18.2km。
朝鮮王朝初期の14世紀末に築城開始。
15世紀と18世紀に大規模な改築が行われましたが、
朝鮮王朝末期~日本の植民地時代に、平地の城郭は撤去されてしまいました。
復元工事が進められ、前にも紹介したように、復元された所は、
公園や散策路として親しまれています。
ソウル北西部のうちの周辺でも、復元された城郭を目にします。
一度、復元工事中の城郭のそばを歩いていたら、はじかれた石が目の前に
飛んできて、びっくりしたことがありました。
もうちょっとで、私のメガネか頭を直撃するところでした(@_@;)


今回のコースは、
북악산 서울성곽(北岳山ソウル城郭 プガクサン ソウルソングァク)
身分証提示が必要な区間です。
三清洞の三清公園を北上すると、臥龍公園へ。
臥龍公園を、西にしばらく進むと、말바위(マルバウィ)案内所に到着。
ここで、外国人の場合、パスポートか外国人登録証を提示。
身分証がないと、入れてくれません。
申込用紙は、韓国語はもちろんですが、日本語説明のもあります。
案内所と、申込用紙の写真です。

2013年5月26日 ソウル城郭2 2013年5月26日 ソウル城郭3

所要時間は、案内所から彰義門まで、ゆっくり休憩を入れながらでも、
だいたい2時間ぐらいみておけば大丈夫。
アップダウンの繰り返しで「散策路」というには、ちょっときついかも
しれません。
「山登り」ほどじゃないですが、「ハイキング」くらいでしょうか。
身分証提示区間内は、飲食物は売っていないので、忘れず持って行きましょう。
また、監視員があちこちに立っていて、写真撮影可の場所も、限られています。
ちょっと窮屈な感じですが、本当に眺めがよく、
青瓦台や景福宮が北側から見渡せ、気持ちがいいです。
なお、彰義門からスタートすると、いきなり長~い急坂を登らなければ
なりません。
運動にはなるけれど、結構きつい。
それを避けるには、マルバウィ案内所から歩いた方がいいです。
ただし、急な下り坂も結構こわいです。

入場時間は、
4月~10月 09:00~15:00
11月~3月 10:00~15:00
月曜休(月曜が休日の場合は、翌日の火曜休)
          ↓
3月~10月 09:00~16:00
11月~2月 10:00~15:00
に変わりました。2013年10月12日に行ってみて、わかりました。
月曜休については、同じです。


パンフレット案内図の写真です。

2013年5月26日 ソウル城郭4


ーおまけー

今回の到着点・彰義門がある付岩洞は、魅力的なお店がいっぱい。
私が好きなお店を、ひとつ紹介します。

2013年5月26日 ジョンヨンソンククス3

정영선 멸치국수(ジョンヨンソン ミョルチククス)。
有名な、자하 만두(チャハ マンドゥ)の道路をはさんで向かい側、
住宅地をちょっと入った所にあります。
今回、お酒のつまみになるものを注文したので、ククス(麺類の一種)の
写真はないんですが……。

2013年5月26日 ジョンヨンソンククス1 2013年5月26日 ジョンヨンソンククス2

このお店の料理はとてもおいしく、店内もゆったりして、清潔。
ソウル中心部には、なかなかこういうお店はありません。
あるガイドブックにも情報提供したのですが、ここは取材お断りとのこと。
ぜひ足を運んでほしい、穴場のお店です。








スポンサーサイト

Comment

 

ぱんだパパもんは、身分証がありません。白岳山、入れないかな?
  • posted by ぱんだパパもん 
  • URL 
  • 2013.05/28 20:14分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はこ

Author:はこ
2011年3月~2014年3月の3年間韓国で生活。韓国滞在中の2013年2月に「もっともっと韓国」開始、完全帰国後も大阪からしばらくの間韓国情報を中心に発信してきました。が、帰国後日本、中国語文化圏の情報が増えたこともあり、タイトルを「もっともっとアジア」にしました。より多様な内容で進めていきますので、今後ともよろしくお願いします!
拙著『不思議がいっぱい韓国』もよろしくお願いします!

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR