Entries

福岡 たまたま訪れた遺跡・元寇防塁

先週福岡を訪れたときのことです。
福岡市博物館に向かうため、地下鉄西新(にしじん)駅で下車したところ、
地下鉄出口の案内の中に「元寇防塁」と書いてあるのが気になりました。
地上に出、地図で探してみると、博物館に行く途中になんとか寄れそう
なので、行ってみることにしました。

学校や住宅が立ち並ぶ中に、「国指定史跡・元寇防塁」を見つけました。
が、訪れた所以外の方向を指す「元寇防塁」の案内板が別にあり、どうも
西南学院大学の敷地内にあるようだったので、探してみました。

大学の1号館に、「現行防塁移設復元展示コーナー」がありました。
復元ではありますが、一部に出土した石積みを使っているそうです。
一般公開されていて、パンフレットも置いてあります。

2015年8月28日 西南学院大学内 元寇防塁1

2015年8月28日 西南学院大学内 元寇防塁2

歴史好きで詳しい人なら、史跡が見たくて知っていて行くのだと思いますが、
今回私がここに行ったのは、本当に偶然でした。
数年前にも福岡市博物館には行っているので、西新駅も利用しています。
そのときは、気がつかなかったんですね。
どこかを訪れると、たまたま他の発見も、ということは少なくありません。
現場を訪れる面白さや大事さを、改めて感じました。

―おまけ―
元寇といえばモンゴル、モンゴルといえば……で思い出したのが、
延世大韓国語学堂の選択科目でとっていた歴史の授業。
学校には、日本人以外にも、モンゴル、中国、その他様々な国の学生が
います。中国系にしても、大陸だけでなく、台湾の学生もいます。
政治的背景は、とても複雑。
歴史の先生は、学生が多国籍なので、講義でとても気をつかうと話して
いました。
とても素敵な先生で、今でもプリントはとってあります。
学校に通っていた当時は、スラスラ読めなかったので、またプリントを
取り出して勉強したいですね。

西南学院大学

(大学ホームページの 社会連携→一般公開 で、元寇防塁が出てきます。
詳細はこちらに)。
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はこ

Author:はこ
2011年3月~2014年3月の3年間韓国で生活。韓国滞在中の2013年2月に「もっともっと韓国」開始、完全帰国後も大阪からしばらくの間韓国情報を中心に発信してきました。が、帰国後日本、中国語文化圏の情報が増えたこともあり、タイトルを「もっともっとアジア」にしました。より多様な内容で進めていきますので、今後ともよろしくお願いします!
拙著『不思議がいっぱい韓国』もよろしくお願いします!

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR