Entries

外国人観光客 それぞれの楽しみ方

韓国人や中国人など、外国人の友人知人と話すときの楽しみのひとつが、
日本旅行でどのように過ごすかについて聞くことです。

先日、職場の同僚三人で関西旅行に来た韓国人は、夏休みとはいえないような
短期間の旅でした。
初日は、日中の勤務を終えたあと、最終便で大阪に。
翌日は京都観光。
仕事の関係で二人は三日目に帰国、一人はもう一泊し、四日目に帰国。

京都では、猛暑の中、金閣寺、龍安寺、二条城、祇園、清水寺などを一日で
まわったそうです。
日本人も、遠くから京都を訪れる場合は強行軍であちこち行きますが、
それにしてもすごい……
三人のうち一人の人は、昨年兪弘濬教授の京都踏査記ツアーで
金閣寺、龍安寺などを訪れています。
それがよかったので、今回同僚を連れて行ったそうです。
こういう話を聞くと、うれしいですね。

三日目は、中之島にある大阪市立東洋陶磁美術館に行ったとのこと。
ただ、全員が興味あるわけではないので、一人は美術館観覧には参加せず
ショッピングに行き、フィギアを買い大満足だったそうです。
三人全員、日本語はわからないのですが、こうして個人旅行で楽しめるの
ですね。
食事はどうするんですか?と聞いたら、外国語メニューがある所に行く、と
言っていました。
そういう点で、道頓堀のように外国人観光客が多い場所は、とても便利なのだ
そうです。ソウルでいえば、明洞みたいな感じなんでしょうかね?

一日遅く帰った人は、最終日どこか温泉に行きたい、と言っていました。
時間的な制約もあって、天然温泉はちょっと無理だけど……と言いながら、
○○の湯、みたいな所の名前をいくつか挙げていました。
こういう情報、大阪に住んでいる私はほとんど知らず(^_^;)
東京に住んでいたときもそうでしたけど、こういう情報、韓国人は実によく
知っています。本当に、温泉が好きなんですね。

今回彼らとは、晩一緒に食事したのですが、メニューは日本語のみ。
メニューも読めないし、読めたとしても中身がわからないから自分たちでは
注文できない、と。
これは、日本人が言葉のわからない国に行ったときもそうですよね。
外国語メニューを置く店が増えればいいですけど、実際にそれを作るのは大変
だとは思うので、写真があるとずいぶん便利だなあ、と思いました。
写真入りのメニューはもちろん、店頭にサンプルを置いている店も入りやすい
かもしれません。
私も外国人の友人を店に連れて行くとき、サンプルを見て決めてもらうことが
あります。口で説明するより手っ取り早いしわかりやすいので。
面白いなあと思ったのは、居酒屋でなく普通の食堂の場合、中国人も韓国人も、
麺類、寿司、天ぷらなど、日本的なものが何種類もお盆に載ったものを選んだ
ことです。短期間にいろいろ食べたいですものね(^◇^)

写真は、4月に撮ったもので、道頓堀のドンキホーテあたりです。
外国人観光客だらけでした。

2015年4月18日撮影 道頓堀 ドンキ

ドラッグストアの大きな袋を両手にぶら下げて歩く観光客も、よく見かけます。
私は、その気持ちがよくわかります。
韓国に住んでいたとき、一時帰国の度にドラッグストアへ行き、薬、生活用品
などいろいろ買っていました。
爆買いとまではいきませんが
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はこ

Author:はこ
2011年3月~2014年3月の3年間韓国で生活。韓国滞在中の2013年2月に「もっともっと韓国」開始、完全帰国後も大阪からしばらくの間韓国情報を中心に発信してきました。が、帰国後日本、中国語文化圏の情報が増えたこともあり、タイトルを「もっともっとアジア」にしました。より多様な内容で進めていきますので、今後ともよろしくお願いします!
拙著『不思議がいっぱい韓国』もよろしくお願いします!

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR