Entries

韓国の若者 アイデア?アルバイト

韓国の若い人たちが、ネットで様々なアイデア?アルバイトの案内を出しています。

モーニングコール1回500ウォン(約44円)、
宅配便の受け取り1回1,000ウォン(約88円)、
講義代理出席1回1,000ウォン、
手書きの手紙代筆、郵送1回2,000ウォン(約176円)、
悩み相談1回1,500~5,000ウォン(約132~440円)、
愛犬の世話1日4,000ウォン(約352円)……

5分間悪口をひたすら聞く、というちょっと悲しいアルバイトもあります(>_<)
1回5,000ウォン(約440円)

需要あるのかなあ、と思っていたら、
「悩み相談」を始めた学生は、始めて2日間で5人から連絡があったそうです。
この学生が言うには、コンビニで働きながら、
スマートフォンでできるのが利点とか。
このようなアルバイトを扱ったサイトはいくつかあり、
アクセスも多いそうです。

このようなアルバイトができる背景には、
韓国のバイト代の時給の低さも関係あるでしょう。
コンビニでバイトするある学生は、時給たったの4,200ウォン(約370円)。
労働基準法で定められている最低賃金は、時給4,580ウォン(約403円)。
それよりも低いわけです。
でも、韓国と日本の物価がそう変わらないことを考えると、
最低賃金だってかなり金額が低い。
しかも、ソウル市のある調査によると、
社員10人未満のコンビニやカフェなどでの最低賃金は、
守られていない店が12.2%あったそうです。
韓国人が、「日本ではアルバイトでも何とか食べていける」というのも、
こういう数字をみると、わかる気がします。
何とか、賃金アップしてほしいものです。

(参考記事:2013年1月17日朝鮮日報、2013年2月6日東亜日報)
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はこ

Author:はこ
2011年3月~2014年3月の3年間韓国で生活。韓国滞在中の2013年2月に「もっともっと韓国」開始、完全帰国後も大阪からしばらくの間韓国情報を中心に発信してきました。が、帰国後日本、中国語文化圏の情報が増えたこともあり、タイトルを「もっともっとアジア」にしました。より多様な内容で進めていきますので、今後ともよろしくお願いします!
拙著『不思議がいっぱい韓国』もよろしくお願いします!

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR