Entries

アメリカ旅行でつらいのは……1

昨日も書きましたが、ちょっとの間、アメリカ旅行の話をしたいと思います。
韓国と直接関係のある話ではないですが、これからも時々こういうことがあるかも
しれませんので、そのためにカテゴリ「おまけ」を作りました。

海外に行くというと、ほとんどアジアの国・地域ばかり。
しかも、アジアの国々をくまなく……というよりは、どちらかというと同じ所に繰り返し
行くというパターンです。
なるべく言葉が通じるほうが自由がきくし楽しいので、私の場合、長いこと中国語
が何とか通じる所ばかりでした。
プラス、韓国語を勉強し始めてからは、韓国。
そんな私にとって、アメリカ旅行は、楽しさが勝るとはいえ、アジア旅行では感じない
つらさがいくつかあります。
今日は、そんな話をしたいと思います。

つらいことの代表4つ!それは、
時差、移動距離の長さ、英語、交通手段。
海外というとアメリカかヨーロッパ、或いは中南米やアフリカなど、日本から遠い
場所に行くことが多い人にとっては、いずれも何でもないことかもしれません。
が、私にとっては、どれもツライ。

まず、何と言っても時差。
日本とヒューストンの時差は、今の時期は日本のほうが14時間早いです。
先月24日早朝伊丹空港を出発し、成田でヒューストン行の便に乗り換え、
現地に着いたのは現地時間24日朝9時過ぎ。
日本出発の2、3日前から早起きして散歩し夜は早めに就寝。
なるべく、成田を昼前に発つ飛行機で寝られるように……と思っていましたが、
結局機内で一睡もできず。
幸い隣の席が空いていて横になれたにもかかわらず、です。
努力して寝ようとしちゃ、だめですねえ(^_^;)
ヒューストン初日は、強い日差しの中朦朧としてしまいました。
いやその、つらかったこと。
でもそのおかげか(?)、初日の夜はぐっすりと眠れました。
そのあとは、滞在中眠れなくて困ったということもほとんどなかったです。
そして、大阪に戻った一昨日の晩も、何とか眠れました。
ただ、昨日は昼過ぎに眠くてたまらなくなり、ちょっと横に……のはずが、
起きたら薄暗くなっていました。
日本の昼過ぎは、ヒューストンでは夜中ですから、まだ私の体内時計は
ヒューストンのときのままだったのですね。
今日の午後は、眠くなりませんよう。

移動距離が長い。時間がかかるということでもありますが、これも慣れない私に
とってはつらいです。
今まで一番移動時間がかかったのは、6年前にチュニジアに行ったとき。
あとは本当に数えるほどで、繰り返し行った場所でも、せいぜいシンガポール
くらいまで。
日韓を行ったり来たりするのが如何に楽か、改めて感じました。
そうそう、同じく移動距離が長くても、日本との時差があまりないオーストラリア、
ニューカレドニアに行ったときは、そんなに身体がつらくありませんでした。
季節は逆でしたけど。
そして、西に移動する欧州方面より、東に移動する米国方面に行くほうが、
身体はよりつらいということも、実感しました。
よくアメリカに行く人は、とてもタフだなあ、と思います。

英語、交通手段の話は、また次回に!(^^)!

写真は、ヒューストンの日本庭園入口。

2015年6月26日(現地時間) ヒューストン・日本庭園入口
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はこ

Author:はこ
2011年3月~2014年3月の3年間韓国で生活。韓国滞在中の2013年2月に「もっともっと韓国」開始、完全帰国後も大阪からしばらくの間韓国情報を中心に発信してきました。が、帰国後日本、中国語文化圏の情報が増えたこともあり、タイトルを「もっともっとアジア」にしました。より多様な内容で進めていきますので、今後ともよろしくお願いします!
拙著『不思議がいっぱい韓国』もよろしくお願いします!

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR