FC2ブログ

Entries

得体のしれないストレス、その正体は……

最近、自分自身の悩みが原因でない、何とも言えないストレスを感じていました。
不快感というか、憂うつな気持ちというか……
体調もいまひとつの状態が続いていました。
自律神経の乱れが原因かも、と思われるような。
気候の変化のせいかな? 春からずっとあちこち出かけることが続いていたし、
その疲れかな? 単純にトシのせいかな?
など、いろいろ考えてみたのですが、何に対して嫌な気持ちを抱いているか、
心の中で具体的に挙げていくうちに、その原因がわかってきました。

それは、Facebook。
不快感を感じた事例をあまり具体的に書きすぎるとちょっと、なので、
その一歩手前くらいまでの、しんどいなあ~と感じていることを書きたいと
思います。
1 ストレスになる内容の投稿。
  いやされるし、友人の近況もわかる、失敗談だけど思わず笑ってしまう、
  いい感じの投稿もたくさんあるんですけどね。
2 人のウォールに、投稿内容とは関係のない書き込みをする。
  意外といます。せめて「関係ない話で恐縮ですが」などと、一言前置きして
  書けばいいのに、いきなり関係ないことだけ書いているという……
  私は友達もそんなにいないので、こういう経験はあまり
  ないですが、親しい人のウォールを見ていると、時々こういうのが
  あります。自分をアピールしたいなら、自分が主張したいことがあるなら、
  自分のウォールに書けばいいのにな、と思います。
3 ごく普通の内容の投稿や、投稿への書き込みに対し、嫌味や皮肉たっぷりの
  言葉で返す。
  これはちょっと経験があります。ごく普通のことを書いているだけなのに、
  なんでこんなことまで言われなきゃいけないの!?という。
  こういうひねくれた人、よほど屈折しているのでしょうか?

その他、これは人によって感じ方や価値観が違うと思いますが、友達数千人、
いいね!が異様に多いものも、見ているだけでストレスです。
芸能人や著名人、どこかの団体の代表とかだったら、わかります。
また、本当に面白い、広まったらいいなという内容なら。
が、ごく普通の人で、しかもうんと特別な内容ではない投稿に対して。
これってある意味、人間関係が病んでいることを表しているのではないでしょうか。
私自身もひねくれているなとは思うのですが、何かこういうのって裏があるような
気がしてなりません。

ある人や団体に対して、仲間内で汚い言葉を使って悪口言い合っているのを
見るのも嫌です。いくらその人物が、団体が、非常識でひどいことをしている
としても。陰で悪口言ってスッキリしているだけなら、結局相手と同じレベル
じゃないかな、と思ってしまう。
批判はいくらでもするけど、批判される側に立てる人は少ないのだな、
ということを、こういう閉じた空間から感じます。
世間で起きている様々な問題は、批判される側に立つ覚悟で意見を言う人が
増えないかぎり、変わらないのではと思うのですが、こうした閉じた空間が、
仲間内で悪口を言うだけの人々を増やしてしまっているようにも感じます。

もちろん、いい面もたくさんあるんですけどね~
Facebookを通して、長い間音信不通だった外国の友人とも連絡が取れましたし。
私にとっては、外国の友人や、日本国内でもなかなか会えない友人と、気軽に
近況を報告し合える貴重な手段でもあります。
また、今どこの組織にも属していないので、本の宣伝をする場でもあります。
日本のマスコミからの宣伝も特にありません。(テソロの記事は日本語ですが、
韓国のマスコミです。東亜日報もそうですが、韓国のマスコミが取り上げてくれる
のが、非常にありがたいです)。
日本のマスコミでも、紹介しようと試みてくれた人はいるのですが。
それでも、買っていただいているのは、SNSの情報力が大きいです。

……ということもあって、投稿をチェックしていたのですけどねえ。
やめました。
親しい友人の近況は知りたいので、そういった友人を個別に訪問するという形を
取ることにしました。
見たくない投稿を目にしなくなってから感じているのは、「平穏」。
読書量も復活。
いえ、もともとネット依存症でもないし、電車で移動するときとか、空き時間をなるべく
利用していただけなのですが、それでも不快な気持ちにさせられることはなくなり
ました。
以前は時々投稿していたのに、全然しなくなってしまった友人が何人もいます。
忙しいというのも理由だとは思いますが、私のようにストレスを感じたり、
バカらしくなったりしてやめたのかな、と推察します。
もし私のように、得体のしれないストレスを感じている人がいたら、
それはFacebookやLINEなどが原因かもしれません。
私のように、一度距離を置き、必要な部分だけ利用するという形にしてみては
如何でしょうか!?


  
  
スポンサーサイト



Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はこ

Author:はこ
2011年3月~2014年3月の3年間韓国で生活。韓国滞在中の2013年2月に「もっともっと韓国」開始、完全帰国後も大阪からしばらくの間韓国情報を中心に発信してきました。が、帰国後日本、中国語文化圏の情報が増えたこともあり、タイトルを「もっともっとアジア」にしました。より多様な内容で進めていきますので、今後ともよろしくお願いします!
拙著『不思議がいっぱい韓国』もよろしくお願いします!

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR