Entries

トイレがどこですか ???

外国語学習において、どちらかというと、加工教材はあまり使わないほうです。
本、新聞、貼り紙、広告、商品の説明書……生の教材から、拾って覚えるのが好き
ですね。
中国語は、だいぶ前に教えていたことがあったため、教えるために教材をいろいろ
買いました。
特に、文法に関しては、自分では使えても、教えるときは理論的に説明できないと
いけないからです。
でも韓国語は、教える機会もないため、本屋の韓国語コーナーに置かれている
ような教材は、ほとんど買ったことがありません。
そんな私ですが、最近韓国語コーナーで本を3冊買いました。

買ったのは、『間違いやすい韓国語表現100』(白帝社)初、中、上級3冊。
もともと上級だけ買おうと思って本屋に探しに行ったのですが、この際初、中級も
買って、何となく覚えてしまったままのことを、きちんと勉強し直そうと。
演繹的より帰納的学習スタイルのため、「ああ、なるほどそうだったのか~」と、
目からウロコのことがいっぱいありそうです。
今日はその中でも、『間違いやすい韓国語表現100 初級編』(油谷幸利、金恩愛
著)の「注意すべき助詞」の話を―

「トイレはどこですか?」
語学の教科書なら、必ずと言っていいほど出てくる表現ですよね。
実際、韓国で私もよく使いました。
화장실이 어디입니까/어디에요?

「이/가」は、日本語では「は」でなく「が」。
直訳すると、「トイレがどこですか?」になってしまいますが、日本語ではこの場合
「は」を使いますよね。
日本語の「は」「が」と韓国語の「은/는」「이/가」。
使い方は基本共通しているけれど、このような述語部分に疑問詞が来る文は、
ズレがある。(教科書によっては、「은/는」を使っているものもありますが)。
これは何故なんだろう? とずっと疑問に思っていました。
が、今回買ったテキストで、ナゾが解けました。
14ページに書かれている「は」と「が」という項目、説明の一部を引用します。

……
日本語の「は、が」の区別を大雑把に示すと、「新情報は『が』で、旧情報は
『は』で指示する」というものである。話題に初めて出てきた単語が新情報、
2回目以降に出てきた単語が旧情報と考えればよい。さらに、日本語は
「今日、ここ、私」などは話し手と聞き手にとっては既知のもの、つまり旧情報
であると考えて「は」を用いるのに対して、韓国語はそのような場合も初めて
話題に登場した場合には新情報扱いするので‘가/이’を用いる、というのが
最も単純な説明である。……

なるほど。既知の情報であっても、「初めて話題にする場合」には日本語の
「が」に当たる助詞を、韓国語では使うということなんですね。
これで、納得。

他の外国語と比べ、文法的によく似ている日本語と韓国語。
同じのようで微妙に異なるため、間違った表現も使ってしまいがちです。
が、この微妙な違いにちょっと気をつけて勉強すれば、それもまた面白い
なあ、と思いました。

このシリーズ、品薄なんでしょうか?
見つけるのに、少し苦労しました。
私は半分独学だったので、こういう類のテキストは、とても有効です。
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はこ

Author:はこ
2011年3月~2014年3月の3年間韓国で生活。韓国滞在中の2013年2月に「もっともっと韓国」開始、完全帰国後も大阪からしばらくの間韓国情報を中心に発信してきました。が、帰国後日本、中国語文化圏の情報が増えたこともあり、タイトルを「もっともっとアジア」にしました。より多様な内容で進めていきますので、今後ともよろしくお願いします!
拙著『不思議がいっぱい韓国』もよろしくお願いします!

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR