FC2ブログ

Entries

ソウル生活満足度 日本人が最下位

『不思議がいっぱい韓国』のインタビュー記事が載ったテソロ6月号。
熾烈な受験戦争、様々な対立の問題など、興味深い記事があります。
その中で、小さい記事だけど、あれ?と思ったものがひとつ。
今日は、それを取り上げたいと思います。

タイトルにも書いた、
ソウル生活満足度 日本人が最下位
テソロ・コリアニュースEXPRESSの中の見出しのひとつをそのまま書きました。
ソウル市が5月24日に発表した、ソウル居住外国人を対象にした「生活の満足度」
調査。記事によると、満足度1位は中国人で、100点満点駐73.4点。
2位は69.8点の欧州圏。
そして最下位は56.7点の日本人。
平均は69.7点だったそうです。

う~ん。なんででしょうねえ。
平均点と比べても、日本人の満足度は低すぎる。
そんなに暮らしにくいかなあ?
同じ漢字圏だし、お米や海藻も食べられるし、公共交通機関も発達してるし、
外国の中では治安もいいほうだし……
私が暮らしたことのある外国は中国と韓国だけで、それ以外の行ったことのある
外国は、旅行のみですから、うまく比較できないですが。
でももしかしたら、韓国以外の国で同様の調査を行ったとしても、日本人の
満足度は他の国の人に比べて低いかもしれませんね。
(よほど日本が居心地いいのか、異文化適応が苦手なのか!?)

中国人が満足度1位というのは、うなずけます。
ソウル在住の中国人の友人も、母国にいるより韓国に住んでいるほうが楽だ、
と言っていました。
なにしろあの人の多さ。日本人から見ると、韓国は熾烈な競争社会ですが、
中国人から見ると、中国より競争が激しくない、と。
そういった相対的なものもあるかもしれませんね。
私自身も、中国と韓国を比べたら、韓国で暮らすほうが楽。
読むことに関しては中国語のほうが楽なのにも関わらず、です。
まあ中国人はたくましいですから、韓国に限らず、どこに住んでいても満足度は
高いかもしれませんね(^_^;)

もちろん日本人でも満足度の高い人はいると思います。
ただ中には、日本にいるより家事の負担が少ないし、贅沢できるから、
という理由の人も。(実際にそういう話を聞いたことがあります)。
家族の転勤に伴って行く場合、ヘルパーを雇ったり、日本にいるよりも外食が
増えたり……韓国は日本と物価が変わらない(交通費は日本が高いけど、
韓国のほうが高いものもある)ですから、経済格差のある国に住むのと
比べたら、「特権」は少ないでしょうが。それでも、日本では自分でするところを、
やらないですむ、という部分がある人もいるかもしれません。
プラス、エステ、ネイル、その他いろいろな楽しみが……
私は興味ないので行かなかったけど、それで楽しければ、それはそれでいいと
思います。楽しいと思うことは人それぞれですし、不満ばかりのつまらない生活
より、楽しいほうがずっといい。
ただ、こういう類の楽しさって、ちょっといいとこどりやつまみ食い、表面的って感じ
で、せっかく文化や歴史を知るチャンスなのに……もったいないなあ、と個人的には
思ってしまいます。
そして、外国での満足度が高い=こういう贅沢な暮らし方ができる、という感覚は、
ちょっと時代遅れのような気もします。
このへんが変わればいいなあ~と思います。

ところでこの調査、住居環境、治安など7項目のうち、全体的に最も満足度が
低かったのが「コミュニケーション」(61.7%)だったそうです。
これもうなずける結果です。
韓国生活は、韓国語がわからないと本当に不便。日常会話だけではありません。
文字の問題が大きいです。英語や漢字が併記されていないことが多いので、
ハングルが読めないとお手上げです。
幸いハングルは覚えやすいですが、読めるようになるまでは、ハングル表記
ばかりということだけで、ストレスを感じます。

韓国滞在中に切り抜いた新聞記事の中に、せっかく外国の人材を確保しても、
長く留まってくれない、という内容のものがあります。
やはり、多言語、多民族国家と比べたら、韓国は外国人には暮らしにくいよう
ですね。
またそれも、紹介したいと思います。

スポンサーサイト



Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はこ

Author:はこ
2011年3月~2014年3月の3年間韓国で生活。韓国滞在中の2013年2月に「もっともっと韓国」開始、完全帰国後も大阪からしばらくの間韓国情報を中心に発信してきました。が、帰国後日本、中国語文化圏の情報が増えたこともあり、タイトルを「もっともっとアジア」にしました。より多様な内容で進めていきますので、今後ともよろしくお願いします!
拙著『不思議がいっぱい韓国』もよろしくお願いします!

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR