FC2ブログ

Entries

ソウル カフェでゆったりと過ごす幸せなひととき

今までも何度か触れていると思うのですが、ソウルに住んでいたとき、
広々としたカフェでゆったり過ごすのが、とてもよかったです。

完全帰国してそんな過ごし方と離れ、改めてそのよさを思い出します。
もちろん日本にもゆったりと過ごせるステキなカフェはあります。
が、ぶらぶら歩いていてたまたま入るというよりは、しっかり探さないと
なかなか出会えません。
今住んでいる場所がビジネス街に近いので、よけいに探すのが困難。
店自体が狭く、隣の席ともピッタリくっついていて、いつも混雑していて……
おまけに、タバコに寛容!分煙も有名無実で煙モクモクだったりして。

そんな事情もあって、先月友人と二人でソウルに行ったときも、なつかしい散策路を
歩く以外に、カフェでゆったりと過ごしたい、という気持ちがとても強くありました。
願いがかない、カフェ何軒かでゆっくりしてきました。
分刻みであちこち行きまくる旅行も一度にいろんなものが見られていいかも
しれないけど、ゆっくり一箇所で過ごす時間を持つという旅が、実はぜいたく
なのではないかな、とも思いました。

ホテルは朝食なしだったので、ある日の朝は、仁寺洞を通り、地下鉄3号線安国駅
1番出口から近いカフェ・Amandierに行きました。
ここは、パンがおいしいです。ソウルに住んでいたときも、仁寺洞は家から近かった
ので、時々行っていましたが、帰りにここでパンを買って帰ることもありました。
でも、店内で過ごしたことはなく、今回が初めての経験。
表からはいまひとつよくわからないのですが、中に入ると、思っていたより広く、
とてもいい雰囲気です。

2015年4月22日 アマンディエ 外観 2015年4月22日 アマンディエ パンとコーヒー

2015年4月22日 アマンディエ 店内

朝早く、まだガラガラだったので、二人でちょっと考えてから、一番眺めがよさそうな
席に座り、つい話し込んでしまいました。
そしたら、おばさんが私たちのことを何度も覗き込みに来て、ついには私の横に
座ってしまった\(◎o◎)/!
このおばさんのお気に入りの席だったんでしょうか。
私たちが出て行くのを待っていたんでしょうけど、なかなか立ち上がらないので、
きっとしびれをきらしたんでしょうね。
日本ではこういうことってちょっとないですから、久しぶりに韓国らしさを感じて
しまいました(^_^;)
韓国のおばさん、強い。

その後この日は、東大門のDDPへ。
そして、再びカフェへ―
前にもブログに書きましたが、期待していた城北洞の伝統茶カフェ・壽硯山房が
工事中で入れなかったので、なんとか他の伝統茶とお餅のお店に行こうと、
鍾路三街にある질시루(チルシル)に行きました。
ソウルに引っ越したばかりのころは、仁寺洞にもチルシルがあったのですが、
いつの間にかなくなってしまい、それ以降はたまにですが、鍾路三街まで行って
いました。
仁寺洞と違い、通りすがりに入るような感じの場所ではないので、やたら混雑
することもなく、いいですよ。お餅の博物館が入っているビルの1階にあります。

2015年4月22日 鍾路三街 チルシル

この友人との二人旅では、今までも何度かブログに書いた付岩洞のカフェ・
산모퉁이(サンモトゥンイ)にも行きました。

2015年4月23日 サンモトゥンイ

正直値段が高いし、その割には……普通私はそういう所には行かなくなって
しまうのですが、ここは眺望抜群なので、やはり行きたくなります。
都会の喧騒を離れ、新緑の山々とその日歩いたソウル城郭を見ながら、
ついつい話がはずんでしまいました。
中心部からちょっと離れただけでこんなに静かで自然に囲まれた場所がある
というのは、本当にソウルの魅力だなあ、と思います。
スポンサーサイト



Comment

うんうん… 

うなづいています。
環境は違えど、心持ちが似てるようです。
こんな時があっても、いいよねーっと
思うようにしています。
自分に優しくしましょう。^^4
  • posted by  
  • URL 
  • 2015.05/14 08:31分 
  • [Edit]
  • [Res]

そうですね 

「落ち込みの……」にくださったのですね。ありがとうございます。
そうですね、こんなときがあってもいいですよね。常に明るくヤル気があるというのも、疲れちゃうかも(^_^;)
人の心配をすることが多かったので、ホント、自分に優しく、心がけたいです(^◇^)
  • posted by はこ 
  • URL 
  • 2015.05/19 16:15分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はこ

Author:はこ
2011年3月~2014年3月の3年間韓国で生活。韓国滞在中の2013年2月に「もっともっと韓国」開始、完全帰国後も大阪からしばらくの間韓国情報を中心に発信してきました。が、帰国後日本、中国語文化圏の情報が増えたこともあり、タイトルを「もっともっとアジア」にしました。より多様な内容で進めていきますので、今後ともよろしくお願いします!
拙著『不思議がいっぱい韓国』もよろしくお願いします!

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR