Entries

景福宮、青瓦台が一望できる 大韓民国歴史博物館

先週のソウルの旅、最終日はアメリカ大使館北側にある、大韓民国歴史博物館に
行ってきました。

ソウルに住んでいたときに開館し、3年前の冬だったか、一度見に行きました。
が、それっきりで……今回、友人からのリクエストがなければ、行かなかったかも
しれません。
前に行ったときに気づかなかったことに気づくことができたし、完全帰国後に改めて
足を運び、いろんな意味で勉強になりました。

展示内容の話の前に、ここからの眺めがすばらしいことを、強調しておきたいです。
前に入ったときに見た覚えがないのですが(忘れたかも?)、歴代大統領の肖像画
が飾ってある部屋からの、景福宮、青瓦台が一望できる景色がすごいです。

2015年4月24日 大韓民国歴史博物館からの絶景

時間に余裕のない方は、これを見に行くだけでも充分価値があると思います。
今回入らなかったけど、館内のカフェからの眺めもよさそう。
またこれも時間がなくて行けなかったのですが、屋上にも上がれるので、きっと
すばらしい眺めだと思います。
次の訪韓時には、確かめてみたいです。

ここは古代や中世の展示はなく、近現代の歴史についての展示がされています。
国立だけあって、無料なのはもちろんですが、経済発展の輝かしい歴史がわかる
ようになっています。
民主化運動についての展示もあります。
が、負の面はあまり見えてこない展示の仕方という印象で……
ソウルに住んでいたとき、一度訪れたきり、行かなくなってしまったのは、
それに違和感を感じたという理由もあります。
が、今回展示を見て、それでも得るところはあると思いました。

ソウルに住んでいた2012年、大統領選がありました。
大統領選の前。私の韓国人の友人で、リベラル派だと思っていた人たちが、
朴氏を支持すると言ったのを聞き、驚きました。
その理由が、この博物館にあると、今回訪れて改めて感じました。
私と同じ世代の人や少し若い人たちは、子どものころから今に至るまで、
急速な(日本でいうとニ世代、三世代分もの)経済発展を体感しています。
生活が激変したんですね。
友人たちの親世代が友人たち以上に、生活がよくなったことに対し現大統領の父親に
感謝しているという話を、友人たちから聞きました。
白いご飯が食べられるようになった、電気が通った、高速道路が開通した……

もちろん、これとは全く反対の立場にいる人たちもいます。
私は夫の仕事で住んでいるという立場上、どちらかというといわゆる保守的なほうの
人たちに会うことが多かったのですが、同じく韓国に滞在する日本人でも、
どんな事情で住んでいるかによっても、出会うタイプの人はかなり異なったものに
なるかと思います。だから、自分が出会った人だけをもって、韓国人はこうこう……
と言い切ることはできない。でも同時に、個人が出会った人一人一人が、たとえ
一部分しか表していないにしても、現に存在する人たちであるのは間違いないと
思います。それぞれが、一つ一つの側面なんだと思います。

次の写真は、1960年代~2010年の間の10年毎と、2011年に至るまでの、
GDPの伸びを表しています。

2015年4月24日 大韓民国歴史博物館 GDP

次の写真は、1980年代建設会社の労働者として中東に赴いていた人が使って
いた鞄です。

2015年4月24日 大韓民国歴史博物館 中東で使われた鞄

今回友人とも感心して見ていたことの一つが、どの展示も完全な対訳ではないとは
言え、英語の説明が併記されていたことです。
日本でも韓国でも、博物館での外国語併記って、入口の説明書以外はなかなか
ない。音声ガイドを借りればいいのでしょうが、それも面倒なとき、こうして外国語
併記がされていると、見やすくていいなあ、と思いました。
国をPRするのがうまいなあと思ったし、ある意味国際化が進んでいるなあ、とも
感じました。

観覧時間:9:00~18:00 入場は17:00まで。月曜休館。
入場無料で気軽に入れますので、ぜひ一度のぞいてみてくださいね。
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はこ

Author:はこ
2011年3月~2014年3月の3年間韓国で生活。韓国滞在中の2013年2月に「もっともっと韓国」開始、完全帰国後も大阪からしばらくの間韓国情報を中心に発信してきました。が、帰国後日本、中国語文化圏の情報が増えたこともあり、タイトルを「もっともっとアジア」にしました。より多様な内容で進めていきますので、今後ともよろしくお願いします!
拙著『不思議がいっぱい韓国』もよろしくお願いします!

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR