Entries

ソウル DDP(東大門デザインプラザ)に行ってきました

先週、学生時代の友人と二人でソウルに行って来ました。
4日間という短い時間でしたが、中身の濃い充実した旅でした。
本にも紹介したとっておきの場所に行ったり、おいしいものを食べたり。
ハプニングもありましたが(^_^;) 
何度かに分けて紹介したいと思います!(^^)!

DDP(東大門デザインプラザ)のデザイン博物館にも行きました。
来月10日までの展示なので、「案内」というのにはちょっと時期が遅く、申し訳ない
のですが、もしGWに行かれる方がいらっしゃれば、ぜひ!
澗松美術館所蔵品の展示は、今「진경산수화」(真景山水画)というテーマの展示
をしています。
정선(チョンソン 1676~1759)の絵を中心とした展示です。
チョンソンは、朝鮮王朝時代の重要な画家。
『[新版]韓国 朝鮮を知る事典』(平凡社)によると、朝鮮の山水画は、チョンソンに
いたって中国風の定型山水の枠を脱したのだそうです。
私はまだ山水画の歴史はよくわからないのですが、たしかに見ていて中国風とは
違うなあ、と思います。具体的にどこが、については不勉強でうまく言えないの
ですが。これからの課題です(課題ばっかり^_^;)。
このへんのこと、きちんと勉強したいですね。

今回の展示は絵画のみ。昨年見た展示は、絵画あり陶器ありで、多様でした。
なので、絵に興味がなければちょっと地味な展覧会かもしれません。
でも、同じ山や海でも、描く画家によって異なるというふうに、画家たちの
同じ場所の風景のそれぞれの描き方を比較して見るのも、楽しいです。

5月10日まで。10:00~19:00(水金10:00~21:00)。月曜休。大人8000ウォン。
地下鉄東大門駅からも近いですが、東大門歴史文化公園駅1番出口からだと
DDP直結です。澗松の展示のほか、DDPの建物を見てまわるのも楽しいですよ。

2015年4月22日 DDP 澗松展覧会 入口の絵 2015年4月22日 DDP 澗松展覧会 入口

スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はこ

Author:はこ
2011年3月~2014年3月の3年間韓国で生活。韓国滞在中の2013年2月に「もっともっと韓国」開始、完全帰国後も大阪からしばらくの間韓国情報を中心に発信してきました。が、帰国後日本、中国語文化圏の情報が増えたこともあり、タイトルを「もっともっとアジア」にしました。より多様な内容で進めていきますので、今後ともよろしくお願いします!
拙著『不思議がいっぱい韓国』もよろしくお願いします!

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR