Entries

セウォル号沈没事故から一年

今日2015年4月16日は、セウォル号沈没事故から、ちょうど一年ですね。

あれから、再発防止に向けて、何か改善されたこととかあったのでしょうか……
完全帰国後に起きた事故だったのでよくわかりませんが、努力している人たちが
いるにもかかわらず、残念ながら政府の対応など、あまり進展がないように
思います。
一昨日起きた、アシアナ航空機の広島空港での着陸失敗事故が、気持ちに影響
しているのかもしれません。
アシアナは、一時帰国でよく利用していただけに、他人事とは思えない。
乗り合わせていた人の恐怖感は続くでしょうし、それを思うと辛いですが、
亡くなった人がいなかったのは、本当に幸いでした。

アシアナ航空機は、2013年夏に米サンフランシスコ国際空港でも、着陸失敗事故
を起こしています。このときは、残念ながら犠牲者が出てしまいました。
事故発生時、私はソウルに住んでいたので、関連報道は見ていました。

この事故のときもそうですし、他に交通事故以外にも何か事故が発生したとき、
韓国の報道で気になることがありました。
何となく、美談が少なくないなあ、と。
もちろん日本でも美談は必ず出てくるけれど、もっと多いような印象を持ちました。
一昨年のサンフランシスコでの事故のときも、乗務員が如何に自分のことを
後回しにして乗客のために献身的に行動したか、とか。
そういう報道が悪いというわけではないのですが、もっと知りたいことは他にある
のになあ、という気持ちがぬぐえませんでした。
「정서(情緒)」という言葉が浮かびます。私が勝手に感じているだけなのだろう
けど、理性とか科学的なこととかよりも、感情的なことがより重視されているような
雰囲気を感じます。

一昨日の事故を見てサンフランシスコでの事故を思い出し、そしてそこから思い出
したことがあります。
サンフランシスコでの事故後、ある韓国人女性が言った言葉。
「私、こういう事故に遭うのは、運命なんだと思うのよ」、と。
え、運命で片付けちゃうの!? そう考えたくなる気持ちは、わからないでもない
けど、でも、こういった事故が減るようにするためにはどうしたらいいかとか、
考えないのだろうか……と思いながらも、勢いに負けて何も言えなかったです。
そういえば、彼女、「韓国は地震がないから、原発は大丈夫」って言ってたんです
よね。一応、高学歴の人ではあるのですが……
たまたまこういう考えの人の話を聞いただけであって、ごく一部の人の意見で
あってほしいと思います。が、聞いたときはびっくりしました(@_@;)

……という私も、あちこち出かけるので、交通神社のお守りを買ってしまいました。
友人の分も。

セウォル号事故、犠牲者の命が無駄にならないよう、再発防止に向けての
取り組みが進むよう、願っています。
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はこ

Author:はこ
2011年3月~2014年3月の3年間韓国で生活。韓国滞在中の2013年2月に「もっともっと韓国」開始、完全帰国後も大阪からしばらくの間韓国情報を中心に発信してきました。が、帰国後日本、中国語文化圏の情報が増えたこともあり、タイトルを「もっともっとアジア」にしました。より多様な内容で進めていきますので、今後ともよろしくお願いします!
拙著『不思議がいっぱい韓国』もよろしくお願いします!

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR