Entries

郵便局の国際窓口

日本国内を含め、海外へも郵便物を出すことが時々あります。
最寄りの郵便局で出すことも多いけど、大阪中央郵便局なら土日祝も手続きできる
ので、たまに利用しています。
郵便局である日ふと思ったのは、「そういえば、中央郵便局なのに、窓口が国内と
国際に分かれてないなあ」ということでした。

ソウルに住んでいたとき、光化門の郵便局をよく利用していました。
日本に郵便物を出すことも多かったため、手前の国内用窓口を通り過ぎ、奥の
国際用窓口に行っていました。
韓国にいたときは、それが当たり前のようになっていて、特に意識しなかったのです
が、帰国後しばらくして、私が利用する郵便局には「国内」「国際」の区別がないこと
に気づきました。
東京は、あるのかしら?東京に住んでいたときは、集配局のような大きな郵便局に
国際郵便用窓口があるのを、見た覚えがないのですが……

これは、日韓の国際郵便物の需要に違いがあるからなのでしょうか?
……と思って、海外在留者についてちょっと調べてみました。

ある資料によると、一昨年秋の在留邦人総数は、約126万人。
在留邦人の定義は、海外に3カ月以上在留している日本国籍を有する者で、
長期滞在者と永住者に分かれます。

韓国はどうかな、と調べてみたら、在外同胞の数は、700万人以上!
いつの時点か、正確な時期はちょっと不明ですが、大体いくつかの統計を当たって
みて、この数字でした。
「同胞」は、韓国系外国人も含むので、日系外国人を含まない上記の在留邦人と
単純比較はできませんが……それにしても、海外に暮らす韓国系の人は多い
ですね。

特に多そうなアメリカについて見てみたのですが、韓国のアメリカ在住の同胞は、
210万人強。日本人は、在留邦人と日系アメリカ人を合わせても、
200万人には達しないので、人口が日本の半分以下の韓国が、如何に海外居住
者が多いか、こんなところからもわかります。
光化門の郵便局に国際郵便用窓口があるのも、納得です。

ちなみに、同胞が最も多い国はアメリカではなく、中国。
朝鮮族の存在が大きいのでしょうね。
日本の在留邦人は、最も多いのがアメリカで、次は中国です。

―おまけー
今回資料を探していて、面白いなあと感じたことがあります。
海外在住日本人の統計は、日系アメリカ人やブラジル人などとは分けて出てくる
ことが多い。
それに対し、韓国の統計は、国籍がどうであれ「韓国系」の海外在住者の数字
が出てくるのです。
最初とても不思議だったのですが、もしかしたら、韓国は「血縁」重視だから、
国籍がどこであれ同じ仲間なのかな、と思いました。
こんなところにも日韓の違いが出てきますね。
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はこ

Author:はこ
2011年3月~2014年3月の3年間韓国で生活。韓国滞在中の2013年2月に「もっともっと韓国」開始、完全帰国後も大阪からしばらくの間韓国情報を中心に発信してきました。が、帰国後日本、中国語文化圏の情報が増えたこともあり、タイトルを「もっともっとアジア」にしました。より多様な内容で進めていきますので、今後ともよろしくお願いします!
拙著『不思議がいっぱい韓国』もよろしくお願いします!

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR