FC2ブログ

Entries

テソロ2015年3月号 印象に残る言葉

ソウル新聞が無料で発行している月刊紙・テソロは、韓国に関心を持つ人の中では、
よく知られているでしょう。
そのテソロ2015年3月号のインタビュー記事・韓国の次世代に聞く、で、小説家の
キム・ヨンス氏が話されている内容がとても印象深く、また共感しました。
記事の一部を取り上げて紹介するのは、全体がわからなくなるので良し悪しだなあ
とは思うのですが、全文はぜひ記事を直接読んでいただくとして、
今回はその印象に残った部分について、書きたいと思います。

著書が邦訳出版され、韓国の小説が日本で翻訳されるのは珍しいことです、
という記者の言葉に対する、キム・ヨンス氏の言葉を引用します。

 “韓流”の代表的なコンテンツであるK-POPと
いった歌謡曲やドラマなどの大衆文化は皮相なも
のです。たとえばドラマでは、登場人物の心の
声や無意識な部分については表現しにくいでしょ
う。しかし詩や小説はそれを表すことができます。
なので、韓国の詩や小説が日本で読まれるように
なれば、そのこと自体が両国関係の進展だと言え
ると思います。
 私自身も村上春樹の作品を読んだおかげで、
日本に対するイメージが変わりました。……

この部分を読み、「まさにそうだ!」と何度もうなずきました。
文学作品を読む必要性は、自分でも何となく感じていたのですが、それはなぜ
なのか、理由が自分にははっきりわからなかったからです。
その答えを得たようでした。
私自身、日韓で政治的にどんなに難しい問題が起きても、「だから韓国、嫌いっ!」
って思わなくなったのは、韓国の小説やエッセイを読むようになってからなんです。
もちろんエンタメも重要だし、エンタメを否定するつもりはありません。
文学が大衆文化より高尚だとも思っていません。
でも、あんなに韓流韓流って騒いでいたのに、政治的関係が悪化し、
嫌韓のほうが強くなってしまった背景には、キム・ヨンス氏が指摘するような
背景があると、私は自身の体験からも思います。

インタビュー記事について、次回もうちょっと続きを―!(^^)!

記事の一部ですが……折り目がとれなくて、ちょっと歪んでしまいました(>_<)

2015年4月10日撮影 テソロ3月号 キム・ヨンス氏
スポンサーサイト



Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はこ

Author:はこ
2011年3月~2014年3月の3年間韓国で生活。韓国滞在中の2013年2月に「もっともっと韓国」開始、完全帰国後も大阪からしばらくの間韓国情報を中心に発信してきました。が、帰国後日本、中国語文化圏の情報が増えたこともあり、タイトルを「もっともっとアジア」にしました。より多様な内容で進めていきますので、今後ともよろしくお願いします!
拙著『不思議がいっぱい韓国』もよろしくお願いします!

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR