Entries

ソウル 国立中央博物館 姜世晃(カンセファン)生誕300年の展示

来月末、2013年6月25日から2ヶ月間、ソウルの国立中央博物館で、
朝鮮時代の文人画家・姜世晃(カンセファン)(1713~91年)生誕300年の
展覧会が開かれます。


国立中央博物館の展示案内をもとに、紹介すると……

期間:2013年6月25日~2013年8月25日
場所:国立中央博物館 平常展示館 特別展示室

ー朝鮮の代表的な文人画家・姜世晃の芸術世界ー
英祖と正祖の安定した治世であった18世紀に生きた姜世晃は、
詩・書・画の全てに通じた芸術家であると同時に、
文芸全般に対する知識と眼目を備えた批評家でもあった。
今回の展示では、肖像画、代々受け継がれてきた家宝、
山水・人物・花卉・四君子・書道の作品を網羅。
彼が王に代わって文章を書き込んだ他の画家の作品と、同僚の画家の作品も展示。
姜世晃を通じ、朝鮮のルネサンスと呼ばれ、大きく開花していた
18世紀の文芸の一面を窺うことができる。

……と、ざっとこんな内容でした。


この案内文や、展覧会について書かれた新聞記事にあった、
金弘道の師匠であったとか、18世紀の芸術界のリーダー的存在だったとか、
という部分を見ると、何だか華やかなイメージがあります。
が、新聞記事には、苦労人の部分も結構書かれていました。
それを簡単に紹介すると……
姜世晃は、名門に生まれながら、兄の科挙試験での不正と逆謀により、
官途を経たれ、30代のとき京畿道安山の妻の実家に。
田舎で農業をしながら、中国の画譜を模写して過ごした。
出世は1773年、なんと60歳のときで、英祖の特命により、官職の道へ。
次に即位した正祖に重用され、王族や王の肖像画を描いた。


国立中央博物館では、姜世晃の自画像も展示される予定です。
(写真は、ハンギョレ新聞より)

2013年5月6日ハンギョレ 姜世晃像

この自画像、なんか服装が変だと思いませんか?
官帽を被っているのに、官服でなく平服を着ています。
「晩年になって官職に就いた自分のことを象徴するように、平服に官帽を被る
という奇妙な姿の自画像」と、中央日報では説明していました。
とても面白そうな人物ですね。
展示をみるのが、楽しみです。

参考記事:2013年5月3日中央日報、5月6日ハンギョレ、毎日経済
     5月7日東亜日報、5月14日朝鮮日報

スポンサーサイト

Comment

 

自画像 @(・●・)@@(・●・)@
  • posted by ぱんだパパもん 
  • URL 
  • 2013.05/24 08:58分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はこ

Author:はこ
2011年3月~2014年3月の3年間韓国で生活。韓国滞在中の2013年2月に「もっともっと韓国」開始、完全帰国後も大阪からしばらくの間韓国情報を中心に発信してきました。が、帰国後日本、中国語文化圏の情報が増えたこともあり、タイトルを「もっともっとアジア」にしました。より多様な内容で進めていきますので、今後ともよろしくお願いします!
拙著『不思議がいっぱい韓国』もよろしくお願いします!

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR