FC2ブログ

Entries

『日本の中の朝鮮をゆく』九州編、飛鳥・奈良編 岩波書店―兪弘濬著『踏査記 日本編』が日本語に!

今まで何度か紹介してきた兪弘濬著『私の文化遺産踏査記 日本編』4冊のうち
2冊が、日本語に訳され岩波書店から出版されました。

『日本の中の朝鮮をゆく 九州編 光は朝鮮半島から』
『日本の中の朝鮮をゆく 飛鳥・奈良編 飛鳥の原に百済の花が咲きました』
(どちらも、橋本繁[訳])

2015年3月9日撮影 『踏査記』九州編、飛鳥奈良編 日本語版

日本語版といっても、韓国語版のように写真満載ではなく、パラパラめくった
感じでは、また違った仕上がりになっています。
私は原書で読んだので日本語版は読んでおらず、原書とどこがどう違うのかは
写真以外のことについてはよくわからないのですが、訳者あとがきによれば、
修正や添削を加えているそうです。

『踏査記』韓国語版を読んでみたいけれど難しそう、と躊躇していた人や、
関心はあるけれど韓国語がわからないから、と思っていた人には、
ぜひ日本語版を読んでいただきたいと思います。
韓国人が見た日本を知る上でも、とてもいい機会になります。
値段は九州編が2800円+税、飛鳥・奈良編が2600円+税。
決して安くはありませんが、この手の本にしては良心的な価格でしょう。
著者の踏査記シリーズの韓国編にも、訳本が出ているものがありますが、
もっと高いです。

どちらも東洋史学者の李成市氏が解説を書いているのですが、それがとてもいい
文章なのです。解説を読めば、著者の魅力や、踏査記の日本編が韓国で
出されたことの意義が、きっとわかると思います。

1月6日、朝日新聞の夕刊に、踏査記日本編出版関連の記事が載りました。
その記事について、おととい3月11日の中央日報で報じています。
こういう動きが広まればいいな、と思います。

’유홍준표 답사기’일본 상륙...아사히신문 사회면 보도-중앙일보 뉴스

スポンサーサイト



Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はこ

Author:はこ
2011年3月~2014年3月の3年間韓国で生活。韓国滞在中の2013年2月に「もっともっと韓国」開始、完全帰国後も大阪からしばらくの間韓国情報を中心に発信してきました。が、帰国後日本、中国語文化圏の情報が増えたこともあり、タイトルを「もっともっとアジア」にしました。より多様な内容で進めていきますので、今後ともよろしくお願いします!
拙著『不思議がいっぱい韓国』もよろしくお願いします!

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR