Entries

同志社大学 尹東柱詩碑

先日、『私の文化遺産踏査記 日本編4 京都の名所』に出ていた相国寺の
承天閣美術館に行きました。
せっかくここまで来たから、と、近くの同志社大学キャンパスへ。
目的は、尹東柱の詩碑です。

2015年2月24日 同志社大学 尹東柱詩碑

詩碑は、『踏査記』にも紹介されていて、ずっと気になっていました。
今月15日、毎日新聞に尹東柱の70周忌記念行事の様子が報道されていて、
近いうちに行きたい、と思い、今回実現しました。

尹東柱は、同志社大学在学中の1943年7月、朝鮮語の詩が独立運動に当たると
して、治安維持法違反容疑で逮捕されました。
1945年2月16日、福岡の刑務所で獄死。
私は、残念ながら詩心はありません。
もともと詩をあまり読まないし、まして自分でつくるのなんてもっと苦手です。
が、尹東柱が日本に渡る前に学んだ延禧専門学校が、韓国滞在中に私が通った
延世大ということや、韓国にいたときよく遊びに行った付岩洞方面に、尹東柱の詩碑
や記念館があったので、気になる存在ですし、もっと知りたい人物でもあります。
韓国では、知らない人はいないくらい有名で、絶対的な存在です。
今回同志社大を訪れたときも、旅行で来たという韓国人のお父さんと息子の
二人連れと出会い、しばらく話しました。
写真を撮ってほしいと頼まれたのですが、詩碑と一緒に写って、本当にうれし
そうでした。

詩碑は、同志社大学キャンパスのハリス理化学館と礼拝堂の間、理化学館寄りに
あります。
とてもステキなキャンパスですね。
私は地味な地方国立大出身なので、こういうキャンパスは憧れです。

韓国滞在中に、尹東柱の詩碑や周辺の風景を撮っていると思うので、
今度探してアップできれば、と思います。

スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はこ

Author:はこ
2011年3月~2014年3月の3年間韓国で生活。韓国滞在中の2013年2月に「もっともっと韓国」開始、完全帰国後も大阪からしばらくの間韓国情報を中心に発信してきました。が、帰国後日本、中国語文化圏の情報が増えたこともあり、タイトルを「もっともっとアジア」にしました。より多様な内容で進めていきますので、今後ともよろしくお願いします!
拙著『不思議がいっぱい韓国』もよろしくお願いします!

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR