FC2ブログ

Entries

『ふたつの祖国 ひとつの愛 ―イ・ジュンソプの妻―』見てきました

昨日、ドキュメンタリー映画『ふたつの祖国 ひとつの愛 ―イ・ジュンソプの妻―』を
見てきました。

とてもいい映画でした。
数日間校閲作業を続け、かなり疲れていたので、見に行こうかどうしようか
迷ったのですが、やっぱり行ったほうがいいと思い、十三の第七藝術劇場へ。
(十三では明日20日までなので、今日か明日でもよかったのですが、
昨日はレディースデ-だったので)。
100席近い観客席に、観客は私を含め10人。
もったいないなあ~、と。もっとたくさんの人に見てほしいです。
迷っている人がいたら、ぜひ行って!と背中を押したいです。
どこがいいかについては、見たらきっとわかると思うので……。
上映劇場も少ないし、一日の上映回数も限られていますが、時間を作って
いく価値あり、です。

イ・ジュンソプについては、ソウルに引っ越すまで存在すら知りませんでした。
韓国で、韓国を代表する近現代の画家は?と韓国人に聞くと、必ずイ・ジュンソプの
名前を挙げるし、新聞その他でのイ・ジュンソプ情報が多いので、知るように
なりました。ソウル美術館、徳寿宮内の美術館などで、作品も見ました。
イ・ジュンソプが、日本人の妻や子どもたちと暮らしたことのある済州島の家も
訪れたことがあります。
家族については、その済州島の家で一緒に暮らした、というくらいのことしか
知りませんでした。韓国に住んでいたとき聞いたのは、ほとんどがイ・ジュンソプ
本人に関する情報でした。
今回の映画は家族にスポットを当て、妻・山本方子さんと次男・山本泰成さん
ご本人が出演しています。
そういう意味でもとても貴重ですし、また、歴史を知る上でも大変いい映画だと
思います。

映画を見て感じたことはいろいろあったのですが、なかなか会えない妻への
熱烈な手紙を見て、本当に寂しくて寂しくてたまらなかったんだろうなあ、と
切なくなりました。
美しい夫婦愛を強調しすぎるようなドラマや映画は、私はあまり好きじゃない
のですが、この映画は淡々としていて、それだけにかえってグッときました。
身近な人の存在を当たり前だと思わず、大切にしなきゃ、とちょっぴり反省も
しました(^_^;)

『ふたつの祖国 ひとつの愛 ―イ・ジュンソプの妻―』公式サイト

関西では、十三は明日20日までの上映ですが、神戸では今月28日から始まるよう
です。京都は、日程はまだ未定のようです。

2015年2月18日 十三 第七藝術劇場

スポンサーサイト



Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はこ

Author:はこ
2011年3月~2014年3月の3年間韓国で生活。韓国滞在中の2013年2月に「もっともっと韓国」開始、完全帰国後も大阪からしばらくの間韓国情報を中心に発信してきました。が、帰国後日本、中国語文化圏の情報が増えたこともあり、タイトルを「もっともっとアジア」にしました。より多様な内容で進めていきますので、今後ともよろしくお願いします!
拙著『不思議がいっぱい韓国』もよろしくお願いします!

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR