FC2ブログ

Entries

韓国ドラマのロケ地にもなった尾道へ

週末、日帰りで尾道へ行ってきました。
尾道の千光寺は、韓国ドラマ「サイン」のロケ地にもなっています。

……と書くと、ロケ地めぐりの一環で尾道まで行ったように見えてしまいますが、
違います(^_^;)
今回尾道での一番の目的は、なかた美術館のポール・アイズピリ展。
でもそれだけで帰ってしまったら、往復1万円超の電車賃があまりにももったいない
ので、千光寺までぶらぶら歩いて行きました。

2015年2月7日 尾道 眺望抜群の千光寺

そうしたら、眺望のいい場所で、いきなり「韓国ドラマのロケ地」の看板が目に入って
きたのです。でも、「サイン」も、見たことがないんです。
韓国ドラマは好きだけど、そんなにたくさんは見ていないので……

2015年2月7日 尾道 千光寺 韓国ドラマロケ地の看板

尾道は、2回目。でも、1回目はしまなみ海道の旅の拠点として、宿泊しただけだった
ので、散策したのは今回が初めてです。
坂の多い古い町並みを歩いていて、ふとなつかしい気持ちがわいてきました。
というのも、ソウルにいたとき住んでいた場所と、雰囲気が似ていたからなんです。
私の住んでいたマンションは、景福宮の南西側にあったのですが、そのあたりから
景福宮西側の西村(ソチョン)一帯~付岩洞(プアムドン)にかけての、坂が多く、
車も通れないほど道が狭く、古く落ち着いた感じの住宅が立ち並ぶ風景が好きで、
よく歩きました。
ソウル滞在中のブログにも、ときどき載せていました。

ただ、住むとなると、いろいろ不便なことも多いでしょうね。
それに、もし火災が発生したら、消防車はどうやって入るんだろう?などと
心配になります。
韓国にいたときも、こういった町並みのところは、小型の消防車も入りづらいので、
もし何かあったときは大変だということを、新聞記事で読みました。

観光に来ていたのは日本人が多かったけれど、中には個人旅行で来ている外国人も
いました。
今後は、地方の魅力も広まっていくといいな、と思いました。

私は、みかんが安くておいしいのがうれしかったです。
大阪のスーパーのと同じ値段で、量は3倍!
ちょっと重いけれど、こういう買い物が旅の楽しみですね

2015年2月7日 尾道 坂のある町
スポンサーサイト



Comment

初めまして、こんにちは 

riesyuwaさんから教えて頂き、素敵なブログを読むことができ、ありがとうございます。
尾道、千光寺というのを知らなかったです。ドラマのロケ地にまでなったんですね。数年前、尾道市に行った時は、因島の水軍祭りや植物園などを見たぐらいで^^。
先ほどは、嵐山の「親日派」の所が目から鱗で、コメントに書こうとして、誤って拍手のメッセージに書いてしまい申し訳ありませんでした。
  • posted by hiro 
  • URL 
  • 2015.02/12 16:03分 
  • [Edit]
  • [Res]

こちらこそ、よろしくお願いします 

hiroさん、こちらこそ初めまして!訪問していただき、うれしいです。ありがとうございます。
尾道の千光寺が韓国ドラマのロケ地になったということは、私も行って初めて知りました。
日本の中の韓国ドラマや映画のロケ地を訪ね歩いたら面白いでしょうね。
いつかそんなツアーも実現させたいですね。
親日派については、まだ私も詳しくないのですが、もっと知りたいと思っています。

これからもよろしくお願いします(^^)
  • posted by はこ 
  • URL 
  • 2015.02/13 11:25分 
  • [Edit]
  • [Res]

ありがとうございます 

こんにちは。こちらこそ、お忙しい中わざわざありがとうございます。ほんとですね、韓国でのロケ地は当然たくさんあるんでしょうけど、日本での韓国ドラマロケ地って面白いですね。ロケ地では無いのですが、熊野古道に行った時に、三足のやた烏の看板を見た時は、韓国ドラマを思い出したことがあって、やはり大陸から渡ってくるので色々関連があるのだと感心しました^^;
  • posted by hiro 
  • URL 
  • 2015.02/16 15:13分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はこ

Author:はこ
2011年3月~2014年3月の3年間韓国で生活。韓国滞在中の2013年2月に「もっともっと韓国」開始、完全帰国後も大阪からしばらくの間韓国情報を中心に発信してきました。が、帰国後日本、中国語文化圏の情報が増えたこともあり、タイトルを「もっともっとアジア」にしました。より多様な内容で進めていきますので、今後ともよろしくお願いします!
拙著『不思議がいっぱい韓国』もよろしくお願いします!

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR