FC2ブログ

Entries

韓国の食堂でよく使った単語

ごはんの話が続いたので、今日は、韓国に住んでいたとき、食堂でよく使っていた
単語について書こうと思います。

いろいろありますが、特によく覚えているのは3つ。

1곱빼기(コッペギ) 2앞접시(アジョシ) 3공깃밥(コンギパ

1は「大盛り」。チャジャンミョンやマッククスのような麺類を頼むときなどに使います。
といっても、普通盛りでも量が多い韓国の食堂。私自身には必要ない言葉でした。
が、男性陣と食事に行くと、よく聞く言葉だったので覚えています。
「곱배기」とも綴り、私の辞書にはこちらのほうで出ています。
が、いろいろ調べてみたところ、「곱빼기」が本来の綴りのようです。

2は「取り皿」。しばらくは取り皿を何て言うのかわからず、小さいお皿とか言って
いました。よく覚えていないのですが、韓国人と食事をしたときにおしえてもらった
のだと思います。覚えたてのころは、「앞」(前)か「옆」(横、そば)かどっちだっけ? 
と混乱しました。
綴りを確認するため、ハングル入力で検索していたら、「앞접시」は日本語で何と
言うのか? なんていう文が出てきました。日本でも韓国でも、食堂ではよく使う
言葉ですものね。知りたい単語は同じなんだなあと思いました。

3は、ごはんを頼みたいときの言葉です。
ごはんつきのメニューもあるけれど、ごはんを別に注文しなければならないことも
あったので、この言葉もよく使いました。
「공기밥」とも書き、やはり私の辞書にはこちらの綴りが出ていたのですが、
調べてみると、本来は「공깃밥」と綴るようです。
「大盛り」の綴りもそうですが、どちらが正しいか、両方とも使えるのかなど、
韓国人もネットでいろいろ意見を書いています。
本来の書き方をすべき、いや最初は間違いでも一般的に使われるようになったら
それもアリ……日本語でも表記のゆれがありますが、それと一緒ですね。

ところでこの言葉、「밥」はごはんだからいいとして、「공기」は漢字語で「空器」と
書き、茶碗のことをいいます。文字通りの空の器という意味もあります。
「공깃밥」は、茶碗に盛られたごはんのこと。
ただ前にも記事に書いたように、韓国の食堂では、ごはんは陶器の茶碗ではなく、
ステンレスの蓋つき容器に入ったのが出てきます。
恥ずかしい話ですが、今回このブログ記事を書くためにいろいろ調べるまで、
「공깃밥」はごはんそのものを表す言葉だと思っていました。
ついでに言うと、今回取り上げた単語、特に1と3は調べるまで綴りがわかりません
でした。全て耳で覚えた単語で、綴りを知らないまま使っていたのです。
今回調べるきっかけができ、勉強になりました(^_^;)
スポンサーサイト



Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はこ

Author:はこ
2011年3月~2014年3月の3年間韓国で生活。韓国滞在中の2013年2月に「もっともっと韓国」開始、完全帰国後も大阪からしばらくの間韓国情報を中心に発信してきました。が、帰国後日本、中国語文化圏の情報が増えたこともあり、タイトルを「もっともっとアジア」にしました。より多様な内容で進めていきますので、今後ともよろしくお願いします!
拙著『不思議がいっぱい韓国』もよろしくお願いします!

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR