Entries

蛇の話 続き 蛇に関する表現

一昨年の巳年に、韓国紙に出ていた蛇に関する記事について、先週紹介しました。
今日は、記事の中にあった蛇に関する表現について書きたいと思います。
といっても、ことわざではありませんが……

「冬眠する」は
겨울잠을 자다
(キョウチャム チャダ)
「겨울」(冬)は、冬ソナの「겨울연가」(キョウヨンガ)で知られるように
なったので、それでこの単語を覚えた人もいるのでは、と思います。
なお、동면(冬眠 トンミョン)という単語もあります。

「脱皮する」は
허물을 벗다
(ホムル ボッタ)

舌を素早く出したり入れたりする蛇独特の様子は
혓바닥을 날름거리다
(ヒョッパダグ ナコリダ)

3番目のような表現まで覚えなくてもいいかな、とは思うんですが、韓国の本や
新聞を読んでいると、へえ~こういうふうに表現するんだ、面白いなあと感じる
ときがあるので、そういうときはメモをとっています。

ところで、蛇を使った表現で、日本語で思い浮かぶのは「蛇足」でしょう。
これも韓国語にあるかな、と思い、韓国の国語辞典で調べてみました。
ありました。よく使われる表現なのかどうかはわかりませんが、載っていました。
「蛇足」は中国語で「画蛇添足」という四字成語。
(「蛇足」という二文字の言葉も、一応中国の国語辞典に載っています)。
韓国の辞書も、「화사첨족」(画蛇添足 ファサチョジョ)と사족(蛇足 サジョ
両方とも載っていました。

―おまけー
蛇を使った中国語の四字成語で、印象深いものがあります。
「引蛇出洞」
(蛇を穴からおびき出す→)悪人・敵を隠れている場所からおびき出して暴露する
(白水社 中国語辞典)
どこで見たかはよく覚えていないのですが、中国語の時事週刊誌か歴史関係の
本を読んでいたとき出てきた言葉かもしれません。
中国語の四字成語は、日本や韓国に伝わって使われているものもたくさんあります
が、ときどき中国語以外では見かけない表現もあります。
それが、とても面白いんですよね。
今後も機会があれば、紹介していきたいと思います。

写真は、巳年に出ていた蛇に関する韓国紙の記事の切り抜きです。

2015年1月19日撮影 韓国紙・巳年関係の切り抜き
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はこ

Author:はこ
2011年3月~2014年3月の3年間韓国で生活。韓国滞在中の2013年2月に「もっともっと韓国」開始、完全帰国後も大阪からしばらくの間韓国情報を中心に発信してきました。が、帰国後日本、中国語文化圏の情報が増えたこともあり、タイトルを「もっともっとアジア」にしました。より多様な内容で進めていきますので、今後ともよろしくお願いします!
拙著『不思議がいっぱい韓国』もよろしくお願いします!

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR