Entries

「キョンボックン」は○、「プッチョン」は? キヨクパッチムのカタカナ表記

韓国語を学び始めてから、ずっと違和感を感じていることがあります。
それは、ハングルのカタカナ表記。
韓国語のほうが日本語より発音の種類が多いのに、それをカタカナで表すのは、
そもそも無理があります。

中国語の発音のカタカナ表記も、かなり無理がありますが、こちらは拼音(ピンイン)
があり、ローマ字でも発音を記すことができるので、まだやりやすい。
これも、元の発音と100%一致しているわけではないですが、カタカナで書くよりは
ずっといいです。

ハングルにルビを振る必要があるときは、何とか妥協点を見つけてカタカナに
します。よく使われている言葉なら、ガイドブックなどにどう出ているか、
より広く使われているカタカナ表記を探します。
その中で、私がどうしても納得できないカタカナ表記があります。
それは、「シッタン」「ヨッサ」「プッチョン」「トッスグン」など、「ㄱ」(キヨク)パッチムを
「ッ」で表しているものです。
(パッチムは、子音で終わる音節の、音節末の子音部分)。
順番にハングルと漢字でそれぞれ表記すると、

식당(食堂) 역사(歴史) 북촌(北村) 덕수궁(徳寿宮) (右二つは固有名詞)

「ㄱ」(キヨク)は、ローマ字だと「k」。場合によっては、「g」のような音になります。
母音のある「ku」ではないので、キヨクパッチムを「ク」と書くのも、本当は正しくない。
でも、まだ「ッ」より「ク」のほうがましです。
では、なぜ?
その理由は、韓国語の発音でなく、日本語の促音「ッ」の発音の特徴にあります。

促音「ッ」の発音は、後ろにくる音の影響を受けます。
後ろの音が発音されるときの舌の形になるのです。
例えば、後ろに歯茎音(上の前歯の歯茎と舌先が接触したり近づいたりして作られる
子音)である「t」や「s」が来るときは、「ッ」は「t」。
ですから、上の「食堂」を例にとると、「シクタン」でなく「シッタン」と
書いた場合、これを無理やりハングル表記すると、「싣당」のようになって
しまいます。「식당」ではなくなるのです。

でも、同じキヨクパッチムでも、「キョンボックン」(경복궁 景福宮)や「チャンドックン」
(창덕궁 昌徳宮)は、「ッ」でもOK。
その理由も、日本語の促音「ッ」の特徴にあります。
後ろに「k」が来るとき、促音「ッ」は「k」を発音するときの舌の位置になります。
「k」を発音するときは、奥舌が軟口蓋(口蓋後方部の柔らかい部分)について発音
されるので、「t」を発音するときの舌の形とは異なります。
「ッ」と表記していても実際の発音は「t」でなく「k」。だから大丈夫なのです。

何だかややこしい話ですね(^_^;)
いつかカタカナ表記が必要なくなってほしいです。

写真は、2013年春、昌徳宮にて。

20134月11日 昌徳宮の雑像
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はこ

Author:はこ
2011年3月~2014年3月の3年間韓国で生活。韓国滞在中の2013年2月に「もっともっと韓国」開始、完全帰国後も大阪からしばらくの間韓国情報を中心に発信してきました。が、帰国後日本、中国語文化圏の情報が増えたこともあり、タイトルを「もっともっとアジア」にしました。より多様な内容で進めていきますので、今後ともよろしくお願いします!
拙著『不思議がいっぱい韓国』もよろしくお願いします!

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR