Entries

日中韓 家畜飼養の資料からわかること

干支にちなみ、羊について調べているうち、それでは韓国ではどれくらい羊が
飼われているんだろう? とか、牛豚鶏との比較はどうだろう? 日本や中国は?
と疑問がわき、手元にある統計資料を見てみました。
昨年末買った『世界統計白書 2014年版』(木本書店)をもとに、進めます。

同書には、「家畜飼養頭羽数」(2012年)のデータが載っていました。
それによると、日中韓ともに最も数が多いのは、鶏です。
2位以下は、日韓は同じで、豚、牛、馬、羊の順。
中国の2位以下は、豚、羊、牛、馬。
これを見て、中国に留学していたとき、生きている状態にせよお肉の状態にせよ、
羊(肉)をたくさん見かけたのは幻じゃなかったんだな、と再確認しました。

家畜=全てお肉になるのではなく他の用途もあるわけだし、それぞれ大きさも異なる
ので、単純に数が多いか少ないかの比較をし、食されている肉の量と見なすことは
できません。
また羊は、資料では「めん羊」と書かれています。
めん羊は家畜の羊を指し、特に毛用のものと、調べたら書いてありました。
資料に出ていためん羊がどのような目的で飼われているかまでは、
数字だけからはちょっとわかりません。
いずれにしても、興味深いなあと思いました。

このデータには、北朝鮮の状況も載っていました。
羊に限っていうと、北朝鮮で飼われている羊の数は、日本や韓国より多いそうです。
参考までに、羊の頭数を。2012年の数字なので、現在とは、ずれがあります。
中国 1億8700万頭、北朝鮮 17万頭、日本 1万3000頭、韓国 3000頭。

おまけです。アジアで羊の飼養頭数が多い国は、
1位中国、2位インド、3位イラン、4位パキスタン、5位トルコ。
(大洋州は含まれていません)。 

80年代、北京に留学していたとき、留学生寮でパキスタンの学生が、
羊肉を調理していたのを思い出します。
どういう状態で手に入れていたのかはよくわからないですが、ずいぶん大きな
肉の塊を彼らが持っていた覚えがあります。
寮の洗面所で鶏をさばく留学生もいました。たしかスリランカから来た留学生でした。
トレイに入った肉しか知らなかったので、びっくりしました。
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はこ

Author:はこ
2011年3月~2014年3月の3年間韓国で生活。韓国滞在中の2013年2月に「もっともっと韓国」開始、完全帰国後も大阪からしばらくの間韓国情報を中心に発信してきました。が、帰国後日本、中国語文化圏の情報が増えたこともあり、タイトルを「もっともっとアジア」にしました。より多様な内容で進めていきますので、今後ともよろしくお願いします!
拙著『不思議がいっぱい韓国』もよろしくお願いします!

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR