Entries

たかがナッツ されどナッツ

お久しぶりです。
先週は、寒い日が続きましたね。

このところ、韓国滞在中書いたブログ記事を点検していて、チェーン店が多いだの、
大手が強すぎるだの、一部の企業が実に大きな力を持って韓国社会を
支配していると自分が強く感じていたことを、改めて確認しました。
財閥が頻出する韓国ドラマ。財閥御曹司たちの常識外れの言動も、
よく見られます。
韓国に住む前は、そういった韓国ドラマを見ても、かなり脚色しているんだろう
なあ、現実にはあり得ないだろうなあと思っていたけれど、韓国に住み、帰国した今は、
ドラマを見ていて、ちょっとオーバーではあるけど、これ実話にヒントを得て
作ったんだろうなあと思ったりしています。その社会に全く根拠がなければ、
いくら作り話でも繰り返し題材として使われたりはしませんから。
ですので、最近話題になっている「ナッツリターン」も、十分起こり得る事件だと
思いました。表沙汰にならない事件が、実はもっとあるかもしれません。

ネットで見た「「ナッツリターン」に透ける、韓国財閥の宿痾」(2014年12月16日
東洋経済オンライン)という記事の中に、思わずうなずいてしまった部分が
ありました。ちょっと引用します。

サムスングループの李健煕会長の一族が製パン・製菓事業やコーヒーショップを
始めたことがあったが、これには「街の零細製パン業者を圧迫する」として
強い批判を浴びたことがある。


これはまさに、私が韓国に住んでいて実感したことと重なります。

ナッツの売り上げには、思わぬ恩恵も。今月18日の毎日新聞夕刊
「海外こぼれ話」の最後の部分に、思わず苦笑いしちゃいました。
事件以来、韓国のネットショッピングでは、マカダミアナッツの売り上げが
20倍に伸びたというのです。
しかもこの記事の見出しは、「便乗希望」です(^_^;)。
韓国の人は、たくましいというか……
財閥の力に対しどうにもできないから、ナッツを買って笑うしかないのかもしれません
けど。せめてナッツを財閥令嬢に見立てて、噛み砕くしかないのかなあ。
韓国のスーパーやデパートで、ナッツ類は豊富に売られていますから、
もともとナッツ好きなんでしょうけどね。
スポンサーサイト

Comment

同感です 

ほんとに、厳しいですよね。財閥関連企業に入っても、50ぐらいで肩たたきあるってきいたし。
ベンチャー企業や、中小企業に対する評価がかなり低いし。
だから、多くの人が修士号や博士号とったり、資格とったりしようとするみたいです。
希望を見つけにく社会なのは、日本も同じですね。なんとか明るくありのままの自分を認めていきていきたいですね。
  • posted by riesyuwa 
  • URL 
  • 2014.12/24 12:17分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: 同感です 

おっしゃる通りですね。私も同様のことを韓国で感じました。韓国の好きなところもたくさんあるけれど、ずっと息苦しさがあったのは、常に属性がついてまわり、「自分らしく」生きるのがむずかしい社会だったからかな、と思います。日本も息苦しいですけどね……
事件を受け韓国でナッツが売れていると知り、なぜか安東の仮面劇を思い出しました。庶民にはどうにもならないから、仮面劇で両班を皮肉っていたのと重なってしまうのです(苦笑)。
  • posted by はこ 
  • URL 
  • 2014.12/25 11:42分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はこ

Author:はこ
2011年3月~2014年3月の3年間韓国で生活。韓国滞在中の2013年2月に「もっともっと韓国」開始、完全帰国後も大阪からしばらくの間韓国情報を中心に発信してきました。が、帰国後日本、中国語文化圏の情報が増えたこともあり、タイトルを「もっともっとアジア」にしました。より多様な内容で進めていきますので、今後ともよろしくお願いします!
拙著『不思議がいっぱい韓国』もよろしくお願いします!

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR