FC2ブログ

Entries

第36回TOPIK(韓国語能力試験)6級合格 HSK(中国語能力試験)6級合格に続き

昨年末のHSK(中国語能力試験)6級合格に続き、今年10月に実施された
第36回TOPIK(韓国語能力試験)6級に合格しました\(^o^)/

ネットではとっくに結果が発表されていますが、何度試みてもだめで、
仕方なく試験結果が郵送で届くのを待ちました。
こんなこと、初めてです。

試験内容への感想などについては、10月22、23日のブログ記事に書いています。
(カテゴリー 言葉) よかったらご覧ください。

得点は、聴解94点(平均50.17点)、作文59点(平均27.72点)、
読解88点(平均56.49点)、総合得点241点でした。
延世大語学堂では、作文の評価が高かったので、今回の50点台というのにショックを
受けましたが、平均点自体が低いので、仕方ないかな、と。
できれば70点台は取れた方がいいのだけど……まだまだ勉強不足ですね。
今回、聴解が一番易しく、次が読解、時間不足で困ったのが作文でした。
その感触が、試験結果にそのまま反映されました。

昨年の中国語6級は、同じく300点満点で、聴解75点、作文74点、読解83点、
総合得点232点。
韓国語の方が、総合得点が高いけど、3~6級一緒の試験で、6級合格ラインは
230点以上。中国語は、級ごとの試験で、6級専用の問題。合格ラインは180点。
試験の難易度自体が、中国語の方が高いので、久しぶりの勉強とはいえ、
やはり自分は、今までの学習時間の長い中国語力の方が、まだあるのかな、
と結果を比較して思いました。
特に読解、作文は。ただ、聴解に関しては、今韓国語の方が聞きやすい感じが
します。日常どれくらい触れているかが、読書きより反映されやすいのかなあ。

今までも書いていますが、受験にあたって私が大事だと思うのは、矛盾するよう
ですが、
試験勉強をしない
きれいな整理ノートは作らない

です。
もちろん、学習者の性格や適性によっても違います。丸暗記が適している人もいる
でしょう。進学、就職で合格証が必要な場合は、悠長なことも言ってられません。
ただ、合格体験記というと、試験勉強のコツだとか丸暗記がいいとか、そういうのが
優勢になりがちなので、本当の語学の勉強ってそうじゃないんだ、ということを、
自分が受験することによって、証明したかった。
今回、それが少し示せたかな、と思います。
語学の試験でも、通訳ガイド試験などは試験勉強というか訓練が必要だけど、
一般的な語学の試験は、日頃の勉強が何より大事です。
特に上級合格を目指している人は、試験対策本を複数持っているなら、その1冊を
原書に変えて、読書してほしいです。生の文に触れるのが、何よりです。

TOPIKは新しくなり、普段使わないような単語や文型の知識を問う問題が、
ほとんどなくなりました。より運用能力を試される形式になったと思います。
難易度も下がった感じがするので、チャンスです。
迷っている人は、ぜひ受験してください!

これからしばらく、本に関する作業を集中してやらなければいけないので、
ブログはお休みします。でも、書けそうなときには、書こうと思います。
寒いですし、年末で忙しい時期ですから、皆さんお身体には気をつけてくださいね。
スポンサーサイト



Comment

おめでとうございます^^ 

素晴らしい!
日頃の学ぶ姿勢、研鑽の賜物ですね。
本も楽しみにしています(^^)/
  • posted by 風(七星) 
  • URL 
  • 2014.12/16 15:21分 
  • [Edit]
  • [Res]

ありがとうございます 

ありがとうございます(^^) これからも精進します。
いい本ができるよう、がんばります!
  • posted by はこ 
  • URL 
  • 2014.12/18 17:33分 
  • [Edit]
  • [Res]

すごいすごい! 

頑張りましたね!素晴らしいです!
本をたくさん読んでから試験を受けようと決意したかいがありましたね。

私は、まだもう少し後で。その前に片づけなくてはならないものがあるしね!
  • posted by riesyuwa 
  • URL 
  • 2014.12/24 22:28分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はこ

Author:はこ
2011年3月~2014年3月の3年間韓国で生活。韓国滞在中の2013年2月に「もっともっと韓国」開始、完全帰国後も大阪からしばらくの間韓国情報を中心に発信してきました。が、帰国後日本、中国語文化圏の情報が増えたこともあり、タイトルを「もっともっとアジア」にしました。より多様な内容で進めていきますので、今後ともよろしくお願いします!
拙著『不思議がいっぱい韓国』もよろしくお願いします!

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR