FC2ブログ

Entries

立ち位置を変えて見ること

今週火曜日に載せた耳塚に関する記事に反響があり、
ありがたいことと思っています。
耳塚を訪れたのは、先月半ばでした。行ってから載せるまで、
ちょっと時間を要しました。実は、載せようかどうしようか迷った末、
やっぱり問題提起はした方がいいんじゃないか、と思って書くことにしました。
注意して見ないと気づかないので、知らない人が多いと思うし。
私も、現場で教えてもらって、初めて知りました。
自分一人では、気づかないままだったでしょう。

ご存知の通り、耳塚の近くには、豊国神社があります。
歴史上の人物は、自国では英雄でも、他国では全く逆のイメージを持たれている
ということは、世界どこにでもありますが、秀吉もその一人でしょう。
2004年に初めて韓国を訪れて以来、旅行でも住んでいたときでも、歴史関連の
場所をいくつも訪れました。もちろん、まだ行っていない所の方がずっと多い
ですが、行った先々で、秀吉関連の説明を見かけます。
日本でのイメージとのあまりの違いに、本当にいろいろ考えさせられます。

10年前、夫が韓国留学していたころ、何度か訪れて一緒に出かけました。
王宮のうち、景福宮、昌徳宮は複数回行きました。
当時、昌徳宮は、ツアーに参加しないと入れなかったので、日本語ガイドの説明の
ときに参加しました。そのころ、私は韓国語がわからなかったですし。
でも、日本語は回数が少ないので、回数の多い韓国語ガイドのときも参加。
そしたら、後で夫が、日本語ガイドと韓国語ガイド、説明の内容が違うというのです。
日本語のときは、文禄・慶長の役の話を韓国語のときのように詳しくしたりしないと。

私は以前、中国語文化圏の書籍や新聞などを読んでいた時期があります。
特によく読んでいたのは、香港の時事週刊誌。台湾の月刊誌も取っていました。
日本語だけで得る情報と、外国語で得る情報のギャップを、実感しました。
どちらが正しく、どちらが間違っている、というのではありません。
ただ、できれば、いろんな立場から情報は得た方がいい、ギャップを知った方がいい、
と思いました。
昌徳宮の説明内容が言語によって違うことも、あり得ることだし、その事実を知って
よかったです。10年前の話なので、今の説明内容がどうかはわかりませんが。

ギャップを知ることを実行するのは、そんなに簡単なことではないですけれど……
外国語力の問題もありますが、やはり感情的な問題が大きいです。
相手の立場に立つのって、案外難しい。嫌な気持ちになることもある。
そうですね……自分の位置を、ちょっと離してみて、客観的に見つめる習慣を
つけるといいかなあ。慣れるのには時間がかかりますが。
耐性をつけるというんでしょうか。私はこれで、表面的には最悪ともいえる日韓関係
の中、あまり嫌な思いをせず、韓国での3年間を乗りきることができました。

写真は、昨年12月撮影。
文禄・慶長の役の戦闘地のひとつ、京畿道の幸州山城(ヘンジュサンソン)です。

2013年12月8日 幸州山城





スポンサーサイト



Comment

事実の説明 

事実って同じことであっても、
それを説明するときに、立場が違うと
違ってくるって、本当にあると思います。
それと、事実に対する説明者の思いも、必ず含まれますよね。
今は、あまり歴史的な問題をガイドさんたちがしないことにしているとのこと。
もっと、きちんと理解しなくてはといつも感じます。
  • posted by  
  • URL 
  • 2014.12/24 06:46分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: 事実の説明 

ありがとうございます。お名前がないですが、コメント初めての方でしょうか? もし以前にもコメントいただいていたらごめんなさい。
昌徳宮での話は10年前のことなので、今はどうなのかはわかりません。が、似たようなことがいろいろあると思います。
日本でも韓国語ができる人が増え、日本のマスコミや学者の意見を通してだけでなく、直接自分で情報をつかむ人が増えたらいいなあと願っています。立場によって説明が違うことを知る人が増えれば、関係も変わってくるかなあと思います。
  • posted by はこ 
  • URL 
  • 2014.12/24 10:54分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はこ

Author:はこ
2011年3月~2014年3月の3年間韓国で生活。韓国滞在中の2013年2月に「もっともっと韓国」開始、完全帰国後も大阪からしばらくの間韓国情報を中心に発信してきました。が、帰国後日本、中国語文化圏の情報が増えたこともあり、タイトルを「もっともっとアジア」にしました。より多様な内容で進めていきますので、今後ともよろしくお願いします!
拙著『不思議がいっぱい韓国』もよろしくお願いします!

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR