Entries

オリオン製菓 中国で人気

日本でもおなじみのオリオン製菓。
中国、ベトナムなど、日本以外の国でも人気です。

2012年、オリオン製菓は、韓国の食品業では初めて、
中国市場で売上1兆ウォンを突破しました。
(1兆ウォンは、約870億円)
オリオン製菓の中国での売上は急成長を遂げており、
最近5年間の平均成長率は48%にものぼります。

2012年の売上高1兆13億ウォンを、チョコパイに換算すると、約50億個。
中国人13億人が、1人あたり約4個食べたことになります。
……と考えると、すごい数字ですね(^_^;)

韓国各紙によると、オリオン製菓の中国での成功は、
徹底した現地化戦略や、
中国をよく理解している華僑出身の会長の存在が大きいとみられています。
40人あまりいるオリオングループの中国駐在員、
平均滞在年数は10年以上!

ところで、私は1985~86年、北京に一年間留学していました。
当時、困った?ことのひとつは、「お菓子」。
実家から送ってもらったりもしていましたが、度々というわけにもいかず、
現地で買っていたのはアメリカの輸入品。
でも、お金のない留学生にはあまり買えないぜいたく品でした。
それが、2001年大連に短期留学したとき、
よく見かけたスナック菓子は、韓国のお菓子が主。
そのころは、まだ韓国に行ったことがなく、
私は韓国のスナック菓子を、中国で初めて食べたのでした。
自分の体験や、知っている範囲のみでみると、
経済成長する中国と、その割にはあまり種類豊富でなかった製菓市場に、
オリオン製菓など韓国の食品業がうまく入り込んだなあ、という印象です。
(参考記事:2013年1月10日 東亜日報、ハンギョレ、毎日経済)
オリオン製菓 2013年2月
スポンサーサイト

Comment

 

ぱんだケーキ、おいしいです。
シカせんべい、まずいです。
  • posted by ぱんだパパ 
  • URL 
  • 2013.02/08 00:59分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

中国で売られているオリオン製菓のお菓子は、徹底した現地化戦略のため、中国のメーカーだと思ってる中国人もいるとか。もしかしたら、ぱんだケーキがあるかも!?
  • posted by はこ 
  • URL 
  • 2013.02/08 18:25分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はこ

Author:はこ
2011年3月~2014年3月の3年間韓国で生活。韓国滞在中の2013年2月に「もっともっと韓国」開始、完全帰国後も大阪からしばらくの間韓国情報を中心に発信してきました。が、帰国後日本、中国語文化圏の情報が増えたこともあり、タイトルを「もっともっとアジア」にしました。より多様な内容で進めていきますので、今後ともよろしくお願いします!
拙著『不思議がいっぱい韓国』もよろしくお願いします!

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR