Entries

昔の遊び復活 投壺

今日は、第66回正倉院展最終日ですね。
最終日だし無料だし、平日だけどきっと混むでしょうね。

昨秋はソウルに住んでいたので、残念ながら正倉院展には行けませんでした。
が、昨年のこの時期、ハンギョレに正倉院展の記事があり、その中に正倉院展で
展示された投壺の話が載っていて、少しでも触れることができたようで、
うれしかったです。
時代も形も違うけれど、ソウルの国立民俗博物館にも投壺が展示されているという
ことで、近所だったこともあり行ってみました。
それについては、昨年11月13日のブログ記事「正倉院展でも展示された投壺
ソウルの国立民俗博物館に」で紹介しています。
(カテゴリー 文化芸術 博物館美術館)

昨秋のブログ記事では、投壺という伝統文化がなくなってしまいそうになった
けれど、国が伝統的な遊びの保護を奨励し復活したこと、紹介しました。
でもそれは、韓国紙に書かれていたことを紹介しただけで、実際に自分の目で
投壺が行われている様子、見たことがありませんでした。
が、昨年末、文禄・慶長の役が戦われた場所のひとつ・幸州山城(ヘンジュサン
ソン)に行ったとき、たまたま見かけ、本当に投壺ってあるんだ!と。
先日、過去の写真を点検していたときに、このときの写真が出てきたので、
載せますね。1年近く前のものですが……

2013年12月8日 幸州山城 投壺に興じる人たち

みなさん、結構夢中になっていましたよ(^-^)
昔は日中韓で楽しまれた遊びだったとのこと。
こういった伝統文化の歴史から昔の交流の様子を見るのも、面白いでしょうね。
そして、それを今に活かせたらいいな、と思います。
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はこ

Author:はこ
2011年3月~2014年3月の3年間韓国で生活。韓国滞在中の2013年2月に「もっともっと韓国」開始、完全帰国後も大阪からしばらくの間韓国情報を中心に発信してきました。が、帰国後日本、中国語文化圏の情報が増えたこともあり、タイトルを「もっともっとアジア」にしました。より多様な内容で進めていきますので、今後ともよろしくお願いします!
拙著『不思議がいっぱい韓国』もよろしくお願いします!

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR