Entries

ソウル 時々行った和食屋、居酒屋

韓国のグルメ情報というと、普通はイコール韓国料理ですが、長く滞在するとなると、
和食、洋食など韓国料理以外の飲食店情報が必要になってきます。
韓国人は和食好きな人が多いので、会食は和食屋や和食系の居酒屋にも結構行き
ました。日本人も、旅行で来た人とは和食屋にはまず行かないけれど、居住者同士
だと、韓国料理よりむしろ和食が多かったかもしれません。
旅行で韓国に行く人にとっては、あまり必要ない情報かもしれませんが(今の自分も
そう)、住んでいる人にとっては意外と貴重な情報になったりもするので、
今回はそんな話を。
ただ、韓国料理のように写真も撮ってないですし、もらってきた名刺の情報程度
ですが。少しでもお役に立てれば。
口コミ等で知っているお店ばかりだったら、ごめんなさいね。

まずは、江南のきり山(우동名家기리야마本陣)です。
韓国料理にしても和食にしても、口コミでお店を知ることがほとんどでしたが、
ここもそうでした。
家族の知り合いの知り合いが経営するお店ということで、行きました。
ちょっと高級なうどん屋(うどんレストラン?)ですが、そばもあります。
単品でも頼めるし、セットメニューも。特にランチの時間はお得です。

韓国滞在中、私にとっての大事な「仕事」のひとつが、駐在員の奥様方の
ランチ会幹事。
日本では、こういう世界とは無縁の生活だったので、本当に困りました。
親しい人同士個人的に行くのならいいけど、「会」となると、いろいろ考えて
お店を決めなきゃいけません。
値段、雰囲気、美味しさ、見た目の美しさ、個室の有無、アクセス……
私が住んでいた光化門周辺は、雰囲気もよく美味しいお店が結構あったんですね。
だけど、多くの日本人が住む二村からは遠い。言葉がほとんどわからず、公共交通
機関にほとんど乗ったことのない人もいます。特にバスは、慣れちゃえば何でもない
けど、慣れない人が乗るのは大変。
二村から地下鉄で乗り換えせいぜい1回程度で、駅から歩いて行けるお店、という
のが私にとってお店選びの基準でした。

このきり山は、これらの条件を全てクリアしている貴重なお店でした。
メニューも、サラダ、コロッケ、握り寿司、うどんかそば、デザート、飲み物で、
確か2万ウォン程度(麺類は選ぶものによって値段が違います)。
もう1年以上前の話ですし、時々メニューは変わりますが。
美味しいし、その割に値段は良心的。
座敷の個室もあるし、子供連れの人も参加しやすいです。

会食の幹事となると、確実に予約を入れることも大事。
電話でのやり取りなども、信頼できるお店でないと、ちょっと不安です。
ここは、代表が日本語堪能で、他にも日本語ができるスタッフがいます。
私は日本語があまりわからない店員さんとも、お店や電話でもやり取りしましたが、
言葉があまりわからなくても、日本語がわかるスタッフを通して交渉できるので、
安心です。

お店は、江南駅1番出口が近いです。
1番出口を出、駅三駅方面に直進し、最初の曲がり角を右に。
しばらく歩くと、左手にあります。ビルの地下1階です。
看板が出ているので、わかります。

서울특별시 강남구 강남대로84길 23 (역삼동) 한라클래식 지하1층 135-934
Tel 02-567-0068

平日は、ランチの後から夕食開始までの時間帯は、休憩時間があります。
また、週末はあまり遅くまでやっていません。
遅めに行くのには、あまり適さないです。
営業時間、私が以前聞いていたのと多少変動があるようなので、書くのは控えて
おきます。

江南は、和食屋、居酒屋が本当に多いですね。
家から遠かったので、江南まで食事しに行くことは滅多になかったし、
知っていたのはこのきり山くらいでした。
あとは、一人で江南駅近くのモスバーガーに入ったかなあ。
洋麺屋五右衛門にも行きました。ここも、江南駅からすぐ。
完全帰国してからは、どちらもあちこちにあるし、珍しくなくなっちゃいましたけど、
住んでいるときは、ありがたかったです。

最初の方に、「まずは……」と書きましたが、1軒だけで長くなってしまったので、
他のお店はまた次に!(^^)!
また、きり山のホームページを載せたのですが、うまくアクセスできないようなので、
削除しました。
韓国語入力できる方は、上記の店名などで調べたら、お店情報や評判などが
出てくると思います。
(日本語での情報は、あまりないかと思います)
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はこ

Author:はこ
2011年3月~2014年3月の3年間韓国で生活。韓国滞在中の2013年2月に「もっともっと韓国」開始、完全帰国後も大阪からしばらくの間韓国情報を中心に発信してきました。が、帰国後日本、中国語文化圏の情報が増えたこともあり、タイトルを「もっともっとアジア」にしました。より多様な内容で進めていきますので、今後ともよろしくお願いします!
拙著『不思議がいっぱい韓国』もよろしくお願いします!

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR