FC2ブログ

Entries

2014年秋 第36回韓国語能力試験 TOPIKⅡ(中・高級)受けてきました


三連休の真ん中の今月12日。
第36回韓国語能力試験・TOPIKⅡ(中・高級)を受けてきました。

ご存知のように、今回から試験のやり方が変わりました。
12、34、56級と、初・中・高級の3つに分かれていたのが、
12→TOPIKⅠと、1234→TOPIKⅡに。中・高級の試験が一緒になったんですね。
内容も、語彙・文法という独立したものがなくなり、聴解、作文、読解に。
受けたのはⅡの方ですが、午後開始で、試験は全部で約3時間。
今日は、試験内容について、受けた率直な感想を書きたいと思います。

まず、語彙・文法がなくなったことについてですけど、私はよかったと思っています。
旧TOPIKの高級の受験経験はありませんが、延世大語学堂の専門班(7級)で
試験対策の授業があり、過去問や模擬をといた感じでいうと、何か重箱のすみを
つつくようなものが少なくなかったです。
こんな文法、時代劇しか出てこないんじゃない!?というような。
実際、先生も教えながら、「これは昔の人しか使わないけど……」
と、仕方なく教えていたような感じでした。
よほど学習経験が長く、語彙力も文法能力も高ければ別ですけど、そんな人は
極少数でしょう。とにかく試験に出る語彙・文法を片っぱしから暗記、という学習
スタイルの人も、少なくなかったのでは、と思います。
でもそれって、語学の本当の勉強の仕方じゃない。
6級合格者の中に、失礼だけど、その割には運用能力がないなあ(特に聴解と
発話能力)と感じられる人がぽつぽついたのは、受験に強いタイプだったから
なんでしょうね。
語彙・文法がなくなったことで、旧TOPIKの高級受験経験者で今回の新しい試験を
受けた人は、易しくなったと感じるかもしれませんね。
逆に、中級合格を目指している人にとっては、高級の内容も含まれるので、
しんどくなったかもしれません。
個人的には、中・高級はやはり分けた方がいいのでは、と思います。

うろ覚えですが、聴解は、最初の数問(多分中級レベル)が1回しか聴けなくて、
途中から2回ずつ流しました。
これは助かりました。昨年末受けたHSK(中国語能力試験)6級では、全て1回のみ。
長文や長い対話が1回しか聴けないというのは、聴解能力そのものだけでなく、
「記憶」という点からもしんどいですので、2回聴けるのは本当に有難い。
聴解は、語学堂の聴解試験よりちょっと易しかったかも、と思いました。
自分の書いた答えが合ってるかどうかは別ですけど(^_^;)

実は今回、試験勉強ほぼゼロ、ほとんどぶっつけ本番で臨みました。
試験勉強らしきものは、試験前々日と前日の2日間、語学堂5、6級の教科書に
出ていた文法説明と例文をおさらいしただけ。
試験勉強をしなかったのは、時間がなかったというのもあるんですが、他にもっと
大きな理由がありました。
それは、上述した、合格者のよくないタイプ、自分自身が4年前中級受験でやっ
てしまい、4級合格の割には運用能力がなく、しばらく苦しんだことの反省からです。
高級も同じ学習スタイルで臨んだら、絶対また同じ失敗を繰り返す、と。
しかも、高級でそれをやってしまったら、中級以上に悪影響があるのは明らか。
もし若くて、大学受験や就活に合格証が必要なら、手段として高級を受けたでしょう
けど、その必要はないし、ただの飾りで自慢するため合格しても意味ないですし。
それで、自分に課したのは、「本を10冊読むまで高級を受験しないこと」でした。
今春帰国する前にそれを果たしたので、今回初めて高級を受けることにしました。

まだ結果が出ていないので何ともいえませんが、本を読んだ効果があったのか、
今回読解は思ったよりやりやすかったです。
本だけでなく、ブログのネタとして韓国滞在中毎日紙の新聞をチェックしていたことも、
大きな力となりました。
そうですね、漢字語が以前よりスムーズに読めるようになりましたね。
以前は、同音異義語が多い漢字語だと、しばらくどんな意味か判断できなかったけど、
一定の読書量があったことで、改善されました。
なんて書いて、結構たくさん間違えちゃっているかも。
でも多分それは、韓国語よりも国語能力の問題で、かもしれません。
作者の考えとして合っているのはどれか、とか、どんな心情か、とか。
国語的によくわからないのが少なくなかったです。

今回、新しい方式になるということで、様子見で受験。
作文で、時間不足のため上手く書けなかったし、次に向けてまた頑張ろうと
思います。
次回も、試験についてちょっと続きを。

スポンサーサイト



Comment

おつかれさま!でした。 

受験したんですね!えらい!
私は制度が変わったことすら、しりませんでした。

昨日、2年半の韓国生活を話す機会をいただきました。
その準備に集中してました。
2年半で日本語が早口になったねといわれました。

書いていることを理解したり、思いを伝えるのって、本当に国語力が大切ですね。鍛えることを続けなくちゃね!

明日も、同じような機会をいただいたので、ゆっくり丁寧にお話してみようと思ってます。

素敵な秋を!
  • posted by riesyuwa 
  • URL 
  • 2014.10/25 19:07分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: おつかれさま!でした。 

韓国生活について話す機会が複数あるなんて、ステキですね!日本の韓国情報ってとても限られているから、
実際に住んでいた人が話すというのは、聞く側にとっても貴重な機会だし、韓国のイメージを豊富にすると
いう意味でも、大変いいことだと思います。これからも、こういう機会をぜひ活用なさってください。

試験、かなりエネルギーを使いました。社会人になってからも、語学試験をときどき受けてきたので
何とかなってますが、もしそうでなかったら、受験すること自体拒絶反応があったかもしれません。
老化防止まではいかなくても、老化を遅らせるくらいの効果はあるでしょうか!?
  • posted by はこ 
  • URL 
  • 2014.10/27 17:50分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はこ

Author:はこ
2011年3月~2014年3月の3年間韓国で生活。韓国滞在中の2013年2月に「もっともっと韓国」開始、完全帰国後も大阪からしばらくの間韓国情報を中心に発信してきました。が、帰国後日本、中国語文化圏の情報が増えたこともあり、タイトルを「もっともっとアジア」にしました。より多様な内容で進めていきますので、今後ともよろしくお願いします!
拙著『不思議がいっぱい韓国』もよろしくお願いします!

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR