Entries

「カピバラ」で検索 番外編 中国語では……


「怪物鼠」ヌートリア、世界で一番大きな鼠・カピバラ。
最後の今日は、番外編。
中国語でも検索してみたので、そのことを……

外来語でも何でも、漢字で表記する中国語。
カピバラは、中国語で次のうちどれでしょう?

无(無)尾鼠 大熊鼠 草原豚 水豚

そのまま韓国語にすると、「물돼지(ムトゥェジ」。
と書けば、韓国語が読める人は、おわかりですね。
答えは、「水豚(シュイトゥン)」です。
後のは、私が適当に考えて作りました(^_^;) 
しっぽがないし、草原に生息しているし。
大熊…は、大熊猫から。パンダとは似てませんけどね。

「カピバラ」は、ご存知の方も多いと思いますが、南米のある言語で「草原の王者」
の意味。でも学名はギリシャ語でhydrochaeris(綴り合ってるかな?)。
訳すと、「水豚」なんだそうです。韓国語のウィキペディアにそう書かれていました。
中国語の「水豚」も、ここから来ているんでしょうね。
まあ確かに、泳げる豚さんとも言えますが……

私は、カピバラを中国語で水豚と呼ぶことを知っていて、検索も水豚でしました。
中国語名を知ったのは、ソウル大公園の動物園で。
カピバラ舎の説明書に、中国語も併記されていたんですね、確か。
面白いネーミングなので、何となく覚えていたんです。
そして調べたら、いかにも中国、という説明内容が。
中国語のウィキペディアによると……
カピバラの脂肪は、喘息に効く。
そのため、脂肪をとる目的でカピバラを捕まえることもある。
また、カピバラを重要なタンパク源と見なす人もいる。
というように、「薬効」や、食、というか、栄養素としてのカピバラについて、説明が
ありました。
ついでに書くと、ヌートリアについて調べたときも、これは日本語のサイトだったん
ですが、中国では「野味」として食されていると。
中国、特に広東省一帯の市場で、ありとあらゆる動物が食用として並べられていた
のを見たことがあるので、驚かなかったけど、「やっぱり」と(^_^;)
まあ、牛豚鶏は食べてもいいけど、他の動物はかわいそうってちょっと……
という見方もありますが。飛ぶものは飛行機以外、四本足のものは机以外
食べるって、ある程度当たっているのかな、と考えたりします。

写真は、神戸どうぶつ王国にて。
草原の王者の風格!?

2014年7月21日 神戸どうぶつ王国 草原の王者カピバラ





スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はこ

Author:はこ
2011年3月~2014年3月の3年間韓国で生活。韓国滞在中の2013年2月に「もっともっと韓国」開始、完全帰国後も大阪からしばらくの間韓国情報を中心に発信してきました。が、帰国後日本、中国語文化圏の情報が増えたこともあり、タイトルを「もっともっとアジア」にしました。より多様な内容で進めていきますので、今後ともよろしくお願いします!
拙著『不思議がいっぱい韓国』もよろしくお願いします!

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR