Entries

念願の浅川伯教・巧兄弟資料館へ

今日、念願の浅川伯教・巧兄弟資料館へ行ってきました!
ずっと行きたいと思いながら、遠い上に交通の便が悪いのでなかなか実行
できず。が、大阪からより東京滞在中に行く方が行きやすいと思い、
あずさ号に乗って山梨へ―
写真は、資料館近くの役場から眺めた風景です。

2014年10月3日 高根総合支所より

資料館のこと、公共交通機関での行き方など、書きたいのですが、
今整理する時間がないので、帰宅してから改めて書きたいと思います。
今日は途中であった出来事などを……

しかし今日は(今日も?)暑かったですね。10月とは思えない。
資料館の最寄り駅(といっても駅から歩いては行けませんが)・長坂駅は、
結構海抜が高いんですけどね。
一応長袖を着て行ったけど、ずっと袖をまくっていました。

2014年10月3日 山梨県長坂駅案内版

今度バスの時刻のことなど書こうと思いますが、本当に不便。
地元の人と話したら、この辺は、車なしの生活は考えられないとのこと。
運転できない私は、絶対無理。
でも、バスの旅は楽しかったです。
山並みがとてもきれいですよね~
田んぼやコスモスも。
東京、しかも中心部に数日滞在し、人の多さにかなりまいっていたので、
ちょっとホッとしました。
帰りは、見覚えのあるひときわ高い山が……
しばらくして、「あ、富士山だ!」と気づいた私(^_^;)
富士山が見える生活を何年もしていなかったので、忘れていました。

景色を見ながら、伯教・巧兄弟が育った環境は、きっとソウルに移ってからも
影響を与えていたんだろうなあ、とふと思いました。
山梨県北杜市という、違う地方に住んでいる人にとってはちょっとなじみの薄い
土地へ、資料館が目的で行くのは正直大変です。
東京、大阪のどこかにあればもっと行きやすいのに、とも思っていました。
でも、今日行ってみて、やっぱり兄弟の故郷に行くことに意義がある、
そう感じました。

帰りのバスでは、景色を楽しんだり、そういった意義を考えたり……なんてしていた
のですが、終点長坂駅に着いたのに、運転手さんがおろしてくれない!
駅前の中途半端な場所にバスを止め、私をおろさず、運転席のドアから慌てて出て
いってしまったのです。
もしかして、ガマンできなかった?
韓国のバスでも、運転手さんが途中トイレに行くことが何度かあったので。
バスの横は、ちょっと草むらみたいになっていて、もしかしてそこで?と思い、
外を見ないようにして戻って来るのを待ってたんですが、なかなか帰って来ず。
電車に乗り遅れると困るので、バスの窓から外を見ると、なんと駅前の自販機の
前で、タクシーの運転手か誰かと談笑しているではないですか!?
私を乗せてたのを忘れてた!?固く閉まっていた窓を何とか開け、
大声で「おろしてくださ~い!」と数回叫んだら、やっと気づいて戻ってきました。
やっぱり忘れてました。だけど、たった一人とはいえ、
乗客がいるのに気づかないなんて。
しかも、「お客さん、寝てたでしょ」ですって。寝てないですよ。
寝てたからわからなかった、僕は悪くないとでもいいたげ。
「電車に乗り遅れちゃうじゃないですか」
「まだ時間あるでしょ、乗り遅れなきゃいいでしょ」
こりゃだめだ。まあ、よしとしましょう、と自分に言い聞かせ下車。
しかし……あんなゆるゆるの働き方って、あるんですね~
まあ、無事下車できたからいいんですけど、運転手のせいで、資料館でいろいろ
感じ、ずしりと心に残ったこと、景色に感動したことが、いっぺんに吹っ飛んで
しまいました(^_^;)
これも、旅の醍醐味ということでしょうか。

写真は、朝着いたときに撮ったものです。

2014年10月3日 長坂駅入口



スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はこ

Author:はこ
2011年3月~2014年3月の3年間韓国で生活。韓国滞在中の2013年2月に「もっともっと韓国」開始、完全帰国後も大阪からしばらくの間韓国情報を中心に発信してきました。が、帰国後日本、中国語文化圏の情報が増えたこともあり、タイトルを「もっともっとアジア」にしました。より多様な内容で進めていきますので、今後ともよろしくお願いします!
拙著『不思議がいっぱい韓国』もよろしくお願いします!

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR