FC2ブログ

Entries

ソウル 鍾路タワー トップクラウド ちょっといい日に 夜景を見ながら……

久しぶりの韓国で、食べたかった韓国料理、もちろんたくさんあります。
何を食べたか、また後日書きたいと思いますが、懐かしい飲食店は、
韓国料理だけじゃありません。
意外だけど、洋食レストランやワインバーなんですよね。
今、日本で行けるのにもかかわらず、です。
生活していたときは、毎日毎日韓国料理じゃ飽きてしまうので、
ソウル在住者同士で食事に行くとき、お互いが希望するのは、
「なんでもいいけど、韓国料理以外で!」でした。
なので、和食や洋食を結構食べに行ってました。

今回の訪韓、懐かしい和食屋さんはありますけど、さすがに旅行では行かなくて
いいかな、でパス。けど、2次会でたまに飲みに行っていたワインバーなどには
行きたくて、行ってきました。そのひとつが、鍾路(チョンノ)タワー33階にある
탑클라우드(トップクラウド)です。

2014年9月4日 鍾路タワー トップクラウド 店内 2014年9月4日 鍾路タワー トップクラウド 飲み物

『地球の歩き方』にも載っているんですね。「西洋料理」と分類されています。
私も、ソウルに引っ越して1周年、のような記念日には、ここのコース料理を
食べに行きました。(飲み物抜きで)一人だいたい1万円くらいが目安でしょうか。
ワインなど飲み物を頼むと、結構な金額にはなりますが。
韓国って、ワインなど輸入酒が日本より高い(気がする)ので。
でも、コース料理は、値段を考えたら、内容はよかったです。
同じ中身なら、東京はもっと高いのでは、と思います。
こういう所にほとんど行かないので、詳しいことはわからないですけど。
聞いた話では、ここはビュッフェが人気あるようです。
食事ができる時間帯に行くと、混雑してますが、ビュッフェのお客が多いです。

食事では、数えるほどしか行かなかったけど、2次会でお酒を飲むときは、
たま~に利用しました。
食事の時間帯を過ぎていれば、そんなに混雑していないですし。
もちろん、安くはないですよ。よく2次会で行っていたバー「テキサス」だったら、
同じ金額で2杯飲めるよなあ……でも、「テキサス」はあまりにも賑やかすぎて、
じっくり話したいときは、ちょっとしんどい。そんなときは、トップクラウドでお酒だけ、
というスタイルが、よかったです。
カンナムやイテウォンなどにも、いいお店あるんでしょうけど、私は住んでいた
エリアが光化門だったので、2次会は徒歩で帰宅できる場所が多かったですね。

今回、トップクラウドに行って、完全帰国後日本でちょっと居心地悪いな……
と感じていたことの原因が、わかりました。
「空間」の違いなんですよね。
韓国の店内って、天井が高く、広い。隣の席との間隔も余裕があります。
もちろん、狭いちっちゃな食堂もあるし、逆に日本でも広い空間の店、ありますけど。
でも、傾向としては、韓国の飲食店の方が、空間的にゆったりしている店が
多いと思う。私より早く帰国した友人が、日本のカフェが狭くて窮屈、
と嘆いていたのが、今とてもよく理解できます。
飲食店のタバコへの寛容度も、日本の方が高いんですよね。
帰国後、不便に感じていることのひとつです。
喫煙率自体は、韓国はとても高いですが……

トップクラウドの営業時間は、12:00~24:00。食事は、~22:00。
お店のスタッフも、ここはきちんとしています。久しぶりのソウル、たった6日間
だったのに、「もうすぐ店じまい、閉店時間前に洗い物済ませたいから……」と、
まだ飲み物の入ったグラスを、早く飲め!と言わんばかりにじっと見つめる
お店のお姉さんや、何度も閉店時間をうるさく言ってくる女社長、注文を
聞き間違えたのに、絶対に認めず客の注文ミスと言い張るやはり女社長……
住んでいたときに、お店で不快に感じたことに何度も遭遇(再会!?)。
さすがに、トップクラウドでは、こういうことはありません。
そういう意味でも、住んでいたとき、飲みに行ってお店の人のスマートな対応に、
ちょっぴり慰められていました。
外国暮らしって、きっと似たような体験があると思います。

韓国居住者の方はもちろん、短期間の旅行でも、ちょっと夜景を見ながら
いい時間を……と思う方、ぜひ行ってみてくださいね!(^^)!


スポンサーサイト



Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はこ

Author:はこ
2011年3月~2014年3月の3年間韓国で生活。韓国滞在中の2013年2月に「もっともっと韓国」開始、完全帰国後も大阪からしばらくの間韓国情報を中心に発信してきました。が、帰国後日本、中国語文化圏の情報が増えたこともあり、タイトルを「もっともっとアジア」にしました。より多様な内容で進めていきますので、今後ともよろしくお願いします!
拙著『不思議がいっぱい韓国』もよろしくお願いします!

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR