Entries

2014年9月ソウル旅行 看板で楽しく韓国語を学ぶ

看板や広告から韓国語を勉強することの面白さは、今までも書いてきました。
今回、久しぶりにソウルを訪れ、その楽しさがちょっと復活。

東大門・DDPデザイン博物館近くで見かけた看板です。

2014年9月4日 男装女装 看板

ちょっとわかりにくいでしょうか。
赤い看板だけ写したものを。

2014年9月4日 女装 看板

女装\(◎o◎)/!
日本人は、ちょっとびっくりしちゃいますよね。
これは、中国語。
「女装」の下の「女性の服」が日本語ですが、意味はわかるけどちょっと不自然。
まあ、「女の服」よりマシですけど(^_^;)
婦人服(ちょっと古いかな?)、レディース(ウェア、ファッション)、といったところ
でしょうか。
ちなみに、韓国語の「여성복」(ヨソンボ)は、漢字で書くと「女性服」。
こっちの方が、びっくりしないですみますね。

念のため、「女装」を国語辞典、中日辞典で調べてみました。
日本語では、「婦人服」の意味はなく、男性が女性の格好をすること。
中国語は、日本語の「婦人服」の意味が1番目に出てきて、2つめの意味に、
男性が女性の格好をすることと出ています。
私の記憶では、中国語では「婦人服」の意味で使われるのが一般的です。
「男装」も逆パターンで、考え方は同様です。
しかし、男性の方の日本語訳だけ、なんで「メンズ・ウェア」とカタカナなんでしょう?
なんか、中途半端……
ま、そこまで注意して見る人も、ほとんどいないでしょうけどね。

また、空港や道端、バス停などでも、書かれている表現を楽しみました。

1 짐 받는 곳 (チ パンヌン ゴッ)
2 표 사는 곳 (ピョ サヌン ゴッ)
3 고항버스 타는 곳 (コンハンボス タヌン ゴッ)

1 짐 (荷物) 原形받다(受け取る)
2 표(票 チケット) 原形사다(買う)
3 공항버스(空港バス) 原形타다(乗る)
 「…는 곳」で、~する所

1は、まず到着した空港で見かけました。手荷物受取所ですね。
2は、景福宮で。TICKET OFFICEと書かれた横に。
3は、帰国する日、空港リムジンの乗り場に書かれていた表現。
どれも、直訳したら「荷物を受け取る所」「チケットを買う所」「空港リムジンに乗る所」
ですが、日本語では普通そう言いませんよね。
韓国語も、漢字語だけで表現したら、日本語と同じような表現になるのでしょうが。
こういった、用言+名詞表現が多いことについては、今年1月10日のブログ記事
「韓国語 ちょっと変わったネーミング」(カテゴリー 言葉)でも紹介しています。
よかったら、そちらもご覧くださいね。

仁寺洞(インサドン)には、こんなものも。

2014年9月5日 歩行者天国

차없는 거리 (チャ オンヌン コリ)
直訳すると、「車がない道」。
日本語の「歩行者天国」ですね。
「歩行者天国」を韓国語の発音で読んでみて、韓国人に通じるかな?
私の印象では、日本の漢字語、そのままで通じることが、結構多いですから。
今度、誰かに聞いてみようと思います。



スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はこ

Author:はこ
2011年3月~2014年3月の3年間韓国で生活。韓国滞在中の2013年2月に「もっともっと韓国」開始、完全帰国後も大阪からしばらくの間韓国情報を中心に発信してきました。が、帰国後日本、中国語文化圏の情報が増えたこともあり、タイトルを「もっともっとアジア」にしました。より多様な内容で進めていきますので、今後ともよろしくお願いします!
拙著『不思議がいっぱい韓国』もよろしくお願いします!

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR