Entries

スポーツ観戦雑感

昨日、2日遅れで開幕した全国高校野球選手権大会、開会式と3試合見てきました。

2014年8月11日 高校野球開会式

今住んでいる所から甲子園まで、片道300円もかかりません。
気軽に行けるようになって、うれしいですね。
興味ない人にとっては、電車もすごく混むし、迷惑でしょうけど……
特に甲子園の場合、プロもアマもですから。

ソウル生活3年間で、寂しかったのはスポーツ観戦に関してです。
高校野球も、パソコンの小さな画面で必死に見ていたんですが、いまひとつ盛り
上がらなかったですね。あまりにも画面がブツブツ切れちゃうので、諦めたことも。
パソコンやスマホの操作に長けていたら、もうちょっと何とかなったかもしれない
ですけど。

2012年夏のロンドンオリンピックのとき。
海外でのスポーツ関係の放送は、当然日本人選手中心じゃないですから、
正直寂しかったです。仕方ないんですけど。
せめて録画で、と検索しても、日本国外からは見られずがっかりすることも。
前向きになろうと、せっかく韓国にいるのだからと、韓国のテレビでオリンピック
生中継や録画放送を時々見ました。
重点的に放送する種目が、日本とは違うことが新鮮でした。
自分にはなじみのなかったアーチェリー、韓国の選手が金メダルをとった女子決勝
戦を見て、結構面白い競技なんだなあと思いました。
韓国がアーチェリーや射撃に強い理由を、韓国人の友人に尋ねたら、
「集中力が高いことと、歴史的な関係じゃない?」と。
「歴史的」の具体的な内容を聞いたら、「もともと狩猟民族だからねえ」と。
どこまで根拠があるかよくわからないけど、妙に納得してしまいました。

このように、新しい発見もあるにはあったんですけど、韓国のスポーツにはまると
いうことは、結局ありませんでした。
美術や文学、歴史にははまり、今もそれは続いています。
でもスポーツは、どんな種目でも、どうしても日本中心に見てしまう自分がいました。
「ニッポンニッポン!」と連呼されると引いちゃう方だし、愛国心から応援してるわけ
じゃないし、何でか不思議ですが、これは無理に変えることもできない感情ですね。
夏季オリンピックのときも、確か女子バレーの3位決定戦が日韓だったと記憶して
ますけど、韓国の放送、こわくて見られませんでした。気になってしょうがなかった
のに。試合結果をネットで調べてから、テレビつけましたもん。
今年の冬季オリンピックもソウルで放送を見たけど、どうしてもキムヨナを応援でき
ない自分がいる。すごい選手ってことはよくわかっているんですけど……
野球も、韓国のプロ野球には興味持てなかったし。
きっと、外国のスポーツにはまる人はいると思いますが、私はスポーツに関しては
「国際化」できませんでした。
あ、もちろん、差別的な言動を試合会場などでするのはもってのほかだと思って
います。それは、また別な次元の問題ですね。
国境を超えて活躍している選手や指導者には、本当に頭が下がります。

高校野球に関して、韓国ではいいこともありました。
2012年第25回U‐18世界野球選手権大会、ソウルで開かれたので、
これはまたとない機会と思い、何度か見に行きました。
チャムシル野球場で行われた日本対台湾戦では、藤浪選手と大谷選手を見る
ことができて、本当によかったです。しかも、ガラガラだったので、間近で。
甲子園では、近くで見るなんて贅沢、なかなかできませんから。
そのときのことは、2013年8月31日のブログ記事に載せています。
(カテゴリー:未分類 今回もそうなんですけど、分類に困ってしまいます。
スポーツというカテゴリーを作るほどは書かないので。また整理しなければ^_^;)
2012年大会当時はまだこのブログを始めていなかったので、1年後に思い出す
という形で。選手たちの写真もアップしてあります。上手く撮れてないですが、
雰囲気だけでも。

このときの球場がガラガラ、ということからも、高校野球の存在が日韓ではまるで
違うんだなあと感じました。
韓国も野球強いから、高校野球が盛んでもよさそうなんですけどね。
でも、韓国の文化が少しわかってくると、まあそうかなあ、と納得します。
韓国にも、高校野球の大会はあるし、テレビ中継もします。
私もテレビ中継見ましたけど、観客席はガラガラ。野球部のある学校も限られ、
野球部に入る子は、プロを目指す子ばかりだそうです。
野球に限らないけど、ある分野にずば抜けている子は、早いうちから選別し、
その道に進ませるんですね。
語学堂のある先生が、「スポーツ、芸術分野で、韓国では1位になれる子を育て、
2位3位以下は育てない」と言っていたのが印象的です。
金メダリストが多いのも、こういうことと関係あるんでしょうね。

何年か前、日本のある韓国語教室に通っていたとき、高校野球の地方予選を見に
行ったときの感動を、韓国語で作文に書きました。先生からのコメントは、私に
とって意外なものでした。「日本に何年住んでも、アマチュア野球に夢中になる
日本人の心情は、本当に理解できない。」
日本のプロ野球にはかなり詳しい先生だったので、文化の違いを感じました。

2014年8月11日 高校野球開幕第1試合

2014年8月11日 甲子園球場外側から

スポンサーサイト

Comment

NoTitle 

そうですね。私も韓国にいる時は、国際スポーツ見ませんでした。同じ気持ちでしたね。日本にいる時は、気楽に見ることができたのに、やはりどこに住んでいるのかということは、想像以上にマインドに影響があるようです。
 何でも1番になりたがる、2番以下は意味がない。そう、そういう考え方の人が多いです。韓国は。けれど、それに疑問をもち、違う生き方を選ぶ人たちも、確かにいます。私はそんな人たちと一緒に活動できて、本当に良かったです。仲間が開いてくれた、送別会で私が歌った曲。「世界で一つだけの花」ナンバーワンにならなくてもいい、もともと、特別なオンリーワン。オンリーワンというところにも、若干の引っ掛かりがあるものの、私はみんなに歌詞の訳をつけて配りました。みんなも一緒に手をたたいて「らーらららーらら」の部分をうたってくれましたよ。

自分への記念に買ったピアスが、キムヨナがイメージモデルだった王冠のピアスだったのは、ちょっとした矛盾かな。笑。
  • posted by riesyuwa 
  • URL 
  • 2014.08/18 12:20分 
  • [Edit]
  • [Res]

ありがとうございます 

ありがとうございます。こちらにまとめて。
安東、扶余で同じ所に行かれたこと、とてもうれしいです。楽しかった気持ちを共有できますから。
きっと、私が行っていない所にたくさん行かれたと思うので、また土産話など聞かせてくださいね。

ナンバーワンじゃなくていい、という人、確かに少しずつ増えていますよね。残念ながら私はあまりそういう人に出会わなかったのですが、それでも変化の兆しはあちこちで感じました。これからも見守っていきたいですね。
  • posted by はこ 
  • URL 
  • 2014.08/19 09:43分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はこ

Author:はこ
2011年3月~2014年3月の3年間韓国で生活。韓国滞在中の2013年2月に「もっともっと韓国」開始、完全帰国後も大阪からしばらくの間韓国情報を中心に発信してきました。が、帰国後日本、中国語文化圏の情報が増えたこともあり、タイトルを「もっともっとアジア」にしました。より多様な内容で進めていきますので、今後ともよろしくお願いします!
拙著『不思議がいっぱい韓国』もよろしくお願いします!

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR