Entries

帰国後初めて 韓国映画

先日、『観相師』(『관상』)を見ました。
帰国後初めての韓国映画鑑賞です。
写真は、大阪の映画館。

2014年7月12日 心斎橋 観相師

この映画自体は、昨年9月ソウルで見ました。
好評で、私が行ったときもほぼ満席。
チケットを買いに行ったときは、前の方の数席しか残っていませんでした。
そのときも面白かったけど、なにしろ字幕なしの時代劇。
よく聞きとれません。
この映画に限らないけど、韓国で映画を見るときちょっとツライなあと思ったのが、
まわりがドッと笑っている場面で、笑えないこと。
わかっているフリして笑うのもちょっとねえ……
暗くてよく見えないし、笑えないお客さんのことなんて他の人は気にしてないだろう
から、まあいいか、と。
本を読むときと一緒で、大体あらすじがわかればいいかな、と思っていつも
見ていました。
表情から喜怒哀楽はわかるし、これはアヤシイ場面というのも大体わかるし。
今回、字幕付きで見られたので、細かい意味不明だったやり取りの部分が
わかって、スッキリ。
字幕なしと字幕付き、両方でひとつの映画を見ると、いいですね。
ドラマも。

韓国で映画を見るときは、いつもセリフを聞き取るのに必死だったけど、
今回その負担がない分、より演技や内容を楽しむことができました。
ソンガンホがいいのはもちろんですが、悪役のイジョンジェがすごい!
韓国映画もドラマも、詳しい人にはとても及ばないけど、私が見た映画やドラマに、
イジョンジェはよく出てきました。が、悪役って初めてだったかも。

ところで、韓国での映画鑑賞で思い出すのは、劇場でのマナー。
スマホの画面が光るだけならまだましな方で、マナーモードにすらしないし、
通話は平気だし、おしゃべりしてるし。
韓国の映画館なら、いつでもどこでもそうなんだと思っていました。
が、一度だけ例外があります。
光化門のシネキューブで香港映画『桃(タオ)さんのしあわせ』(邦題)を見たとき。
ほぼ満席のお客さんみながとても静かで、熱心に見ていました。
スマホを操作する人なんていないし、友達同士で来ていてもおしゃべりしないし。
飲食する人もほとんどいなかったです。
私がカバンから飲み物を取り出すときの、ゴソゴソ探す音の目立ったこと!
さらに驚いたのは、映画が終わってから、館内で他の映画を見に来ていた人に、
この映画とてもよかったからぜひ見てくださいね、と話しかけている人がいたこと。
韓国での映画鑑賞で、印象深いことのひとつです。
また、韓国で韓国映画以外のものを見るとき、一番ラクなのは当然邦画だけど、
このとき字幕付きで香港映画を見、字幕なしで韓国映画を見るより理解しやすい
ことを発見。
韓国で、ですから、字幕は韓国語です。
が、字幕は字数が少ないので、韓国語字幕を見ながらでも画面を見る余裕は
あります。
もし気になる外国映画があれば、それを韓国語字幕で見てみる、というのも
面白いですよ。



スポンサーサイト

Comment

ハングルの字幕! 

いつも楽しみに読ませて頂いています。
私には字幕なしで映画を見るなんて遠い話しですが、ちょっとだけ似た経験が。
韓国のホテルで英語のTVを見ていて、ハングルの字幕を読んだ方が理解できるのにビックリ!中学から大学まで8年間も勉強した英語なのに…情けない事に全く聞き取れません。今は違うかもしれませんが、当時の英語教育は文法ばかりでネイティブの先生は勿論いないし、会話やリーディングなんかもありませんでした。英語の勉強は本当に苦痛以外の何物でもなかったんですが、趣味で楽しく勉強した韓国語の方がよくわかる…最初から会話練習が主体だったから?ある意味両面でちょっとした衝撃でした(笑)
  • posted by うー 
  • URL 
  • 2014.07/19 22:49分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: ハングルの字幕! 

いつも訪問していただき、ありがとうございます(*^_^*)
英語と韓国語のこと、同感です!中学~大学までの勉強は、なんだったのでしょうね!?韓国人の友達に話したところ、勉強量の問題じゃないかな、と。量を増やせばできるようになるわよ、と。学校で勉強した分は、彼女の言う勉強量に入らないのかも、と最近思います。聞く、話す量なんですよね。おそらく自分の聞く量も話す量も、後から始めた韓国語の方が英語より多いし。ということで、最近英語のCDを聞いています。買ったけど使ってないものがいっぱいあるので。韓国語を聞く方が楽しいので、三日坊主で終わっちゃうかも、ですが。
  • posted by はこ 
  • URL 
  • 2014.07/21 09:59分 
  • [Edit]
  • [Res]

日本のお客さんの反応は? 

この映画、私は節約モード笑でインターネットで見ました。
日本での反応や、客の入りはどうだったでしょうか?
韓国では、映画のエンドロールを見終わらずにさっさと劇場を出る人が多いですが、日本ではエンドロールをある程度みてから、退場する人が多いと思います。

この間韓国で、日本の映画(舟を編む)を韓国人の友人と見たのですが、劇場の中の韓国人の人たちのうち、多くの人が、最後までエンドロールを見ていました。
日本の映画を見るのが好きな人だからなのかなと思いました。

色々な場面で、日本のよさを理解してくれる韓国の方達がいらっしゃると、嬉しくなります。こんな積み重ねが、もっともっと沢山起こればいいなと思います。
  • posted by riesyuwa 
  • URL 
  • 2014.07/24 16:15分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: 日本のお客さんの反応は? 

私が行った大阪の映画館、休日でしたけど客の入りはいまひとつでした。東京はもっと多かったのかしら?中国映画なんかでも、東京では大混雑だけど地方ではガラガラ、ということがあります。
上映中は、静かでしたねえ。ソウルで見たときは、大勢のお客さんが思い切り盛り上がっていたので、ギャップがあるなあと思いました。でも、ネットで感想の書き込みを見てみると、面白かったという声が結構ありましたよ。日本人は、映画を見るときも静かなんでしょうか。

韓国では、日本の映画やドラマ大好き、という話をよく聞きました。本当に、こういう積み重ねって大事ですよね。
  • posted by はこ 
  • URL 
  • 2014.07/25 12:52分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はこ

Author:はこ
2011年3月~2014年3月の3年間韓国で生活。韓国滞在中の2013年2月に「もっともっと韓国」開始、完全帰国後も大阪からしばらくの間韓国情報を中心に発信してきました。が、帰国後日本、中国語文化圏の情報が増えたこともあり、タイトルを「もっともっとアジア」にしました。より多様な内容で進めていきますので、今後ともよろしくお願いします!
拙著『不思議がいっぱい韓国』もよろしくお願いします!

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR