Entries

韓国世論調査を見て

今朝(2014年5月9日)の朝日新聞国際面に、ちょっと気になる見出しがありました。

日本の印象 悪くはない?
韓国世論調査 歴史・領土除けば…

記事は、

 歴史認識問題や領土問題を除いては、韓国での日本に対するイメージは決して悪いものではないことが、
「コリアリサーチ」が実施した世論調査から浮き彫りになった。


……と始まっています。
3月に実施されたこの調査では、

「韓日両国が互いに助け合い、協力し合う関係に発展していくべきだと思うか」
ーそう思う 88.3%
ーそう思わない 11.2%

「韓日の政治外交的な対立と、経済・文化・民間交流は分けて考えるべきだと思うか」
には、「そう思う」が78%。
「日本に期待すること」については、80.8%が「歴史問題と領土問題解決のための
納得のいく努力」を挙げたそうです。

この調査結果、うなずけます。
韓国は日本情報がとても多く、反日的なものもありますが、プラス面を報じたものも
少なくありません。日本書籍の翻訳本も多く、広く読まれています。
政治外交と民間交流を分けて考えるという見方も、今回たまたまこういう結果が
出たのではなく、私が接してきた人たちも、本当にそう考える人が多かった。

日本は、どうでしょう?
同じ質問をして、果たしてどんな結果が出るでしょうか?
セウォル号事故発生から3週間以上経ちましたが、いまだに連日ワイドショーなどで
詳しく報道するのを見、正直うんざりです。
最初のころは、「被害者のほとんどが日本人じゃなくても、
北の脅威や反日以外の朝鮮半島のニュースが、日本でも報道されるようになったんだ」
と感じていました。
が、事故から何日も経つのに、こんなに詳細に報道する必要ってあるんでしょうか?
また、船舶事故を契機に、韓国の過去の事故についても盛んに報道していますが、
なんで今さら?
韓国の原発問題や列車事故、私が韓国に住んでいたとき、いろいろ起きていました。
でも、日本のメディアではほとんど取り上げられなかったのに。

確かに、交通事故も多いし、財閥の問題もあるし。
でも、ここぞとばかりにそればかり報じても。
プラス面の話題も報道した上で、ならまだいいですが。
これじゃあ、韓国をよく知らない人は、韓国のイメージがますます悪くなってしまう。
良い面も一定以上知った上でこの事故について知るのなら、まだいいですけど。
良い面を伝えると、すぐ苦情が来るという事情もあるようですが、
それでも、もうちょっとバランスよくしないとまずいのでは、と思います。
じゃなかったら、事故の報道は誠意あるものでなければ、もうやめた方がいい。

韓国はこんなに遅れてる、やっぱり日本は進んでいる、と確認したいんでしょうか?
もしそんな気持ちが少しでもあるのなら、ちょっと情けないです。
安全面に対して不用心なところがあるのは、確かに私も韓国に住んでいて
感じました。
でもそれは、進んでいる遅れているという問題とは違うような気がします。
短い期間に急速な経済発展をした、ということもひずみの原因ですが、
住んでいてひとつ思ったのは、これは韓国が日本より自然災害が少ないことも
関係あるんじゃないか、ということです。
(もちろん、場所にもよりますが)
三年間、地震も感じることなく(地震ゼロではないそうですが)、
台風の被害にあったことも、ほとんどなかったです。
たまに一時帰国して、日本はなんて災害の多い国なんだろう、と感じていました。
気候的には、温度差の激しい韓国は苛酷ですけど。

過剰な事故報道で、韓国のイメージがますます悪くなることのないよう願います。

写真は、2014年3月光煕門にて。(東大門デザインプラザ近く)

2014年3月25日 光煕門

スポンサーサイト

Comment

うん、、、感じ方がちがうかな 

海難事故の件。やっとこのところ、韓国でも少なくなりました。
でも、黄色いリボンをつけている人が沢山います。特に今は、地方選挙なので、候補者はほとんどつけてます。どんな意味があるのか、分かっているのか、みんなつけてるから、自分もつけなくちゃ、、、。っておもってるのか???

私は、やっぱり韓国の人は、忘れるの早いなって思っちゃったりします。
いままでの、韓国の歴史でも、忘れることで、乗り越えてきたことって、いっぱいあったんだと思います。
これから、韓国の社会、どうなっていくんだろう。そう思いながら、町を歩いている毎日です。
  • posted by riesyuwa 
  • URL 
  • 2014.05/16 21:55分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はこ

Author:はこ
2011年3月~2014年3月の3年間韓国で生活。韓国滞在中の2013年2月に「もっともっと韓国」開始、完全帰国後も大阪からしばらくの間韓国情報を中心に発信してきました。が、帰国後日本、中国語文化圏の情報が増えたこともあり、タイトルを「もっともっとアジア」にしました。より多様な内容で進めていきますので、今後ともよろしくお願いします!
拙著『不思議がいっぱい韓国』もよろしくお願いします!

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR