FC2ブログ

Entries

対馬の仏像窃盗団 前科合計56 平均年齢62歳

このところ北朝鮮関連ニュースが多く、あまり報道されなくなってしまいましたが、
ちょっと前までよく話題になった対馬の仏像窃盗団。
先日(2013年4月6、7日)、朝鮮日報土日版に詳細が。
既にあちこちで報道されていて、大体の内容はご存知の方も多いと思いますし、
重なる部分も多いかと思いますが、紹介を。

盗まれたのは、対馬にある統一新羅時代の仏像と、高麗時代の仏像二体。
統一新羅時代の仏像は、1974年に日本で1億円の価値があると評価されたもの。

今回の事件で検挙されたのは9人、うち対馬に渡って盗みを働いたのは4人。
古物商の経験もあるA(70)は、前科13犯。
文化財専門の泥棒、B(66)は、前科11犯。
AとBは兄弟です。
C(50)はグループ最年少だが、前科は最も多く18!
Cは、4年前全羅道の古家の文化財600点を盗んだとき、
シェパードに殺虫剤を混ぜた肉を食べさせ、毒殺したこともあるとか。
D(60)は前科14犯、指名手配中。
4人合わせて前科56犯、平均年齢62歳の高齢者窃盗団。

この事件で、韓国のネットには、「これは犯罪じゃない」「略奪品を取り戻した!」
というような、「愛国者」への賞賛の声が。
でも、全ての人がそう思っているのではなく、
警察も、「愛国的動機」の可能性を否定しています。
警察は、犯人たちが、盗んだ仏像がもともと韓国にあったことは知っていたが、
「愛国心」から盗んだのではなく、対馬の仏像を選んだ理由は他にあると言っています。
ひとつは、日本は、個人所有の文化財の管理が甘く、容易に盗めること。
ひとつは、日本語のわからない彼らにとって、ハングル表記の多い対馬は動きやすいこと。


犯行は、2012年10月、最高齢Aが見張りをし、3人が実行。
X線検査を逃れられる福岡港から船で釜山へ運びました。
釜山港では、「安物の模造品」と言ったらそれで通ってしまい、
文化財鑑定官も、模造品と判定。(なんでこのとき、わからなかったんでしょう?)
こうして仏像二体は、韓国へ「帰国」。
しかし、密輸でなく、堂々と釜山港から入ったため、日本政府からの通報後、
釜山港から搬入された記録がすぐ確認され、次々と捕まりました。

最高齢のA:
「私は潔白だ。そのとき、犯行現場から1キロ離れたところで、一人風に当たっていた。
日本の骨董を安く仕入れるため、弟たちについて行っただけ。悪いのは弟だ!」
Aの弟B:
「主犯は兄。兄が犯行現場で指揮した。悪いのは兄だ!」
と、兄弟で罪をなすりあっているとか。
この兄弟には、悲しいことに、捜査中一人も面会に来なかったそうです。
また、この高齢の兄Aは、昨年8月、盗みの下見で対馬に行ったとき、
猛暑で倒れ、対馬の病院に10日以上入院していたとか。
高脂血症、高血圧、狭心症などの持病を抱えるA。
しんどい体のどこに、盗みを働くエネルギーがあるんでしょうか?


捜査班関係者は、
「愛国者なんて、とんでもない。窃盗自体悪いことなのに。
盗んだ後に愛国者と名乗るんならせめて、博物館や文化財庁に直接仏像を運ぶべき。
なぜ倉庫に隠していたんだ?」
と。犯人の1人は、どこに売りさばこうか販路を探していたそうです。


この問題、複雑な国民感情がからむし、
この仏像以外にも、韓国から日本へ文化財の渡った経緯などは不明な点も多く、
簡単にどうあるべきとは言えないですが、
一番かわいそうなのは、盗まれた仏像。
つくった昔の人だって、だいぶ後になってこんな騒ぎになっていることを知ったら、
きっと悲しむのではないでしょうか。


この事件に関連し、思い出したことがひとつ。
以前、日本で在日中国人向けの中国語新聞を購読していたとき、
日本での犯罪の容易さについて書かれていました。
無人の寺や神社もそうですが、民家、工場……日本ほど盗みに入りやすい国はないと。
根本的な解決にはなりませんが、とりあえず泥棒に隙を見せないところから
始めるしかないのかな、と思います。

スポンサーサイト



Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はこ

Author:はこ
2011年3月~2014年3月の3年間韓国で生活。韓国滞在中の2013年2月に「もっともっと韓国」開始、完全帰国後も大阪からしばらくの間韓国情報を中心に発信してきました。が、帰国後日本、中国語文化圏の情報が増えたこともあり、タイトルを「もっともっとアジア」にしました。より多様な内容で進めていきますので、今後ともよろしくお願いします!
拙著『不思議がいっぱい韓国』もよろしくお願いします!

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR