Entries

昌徳宮 仁政殿内部が期間限定で観覧可能に

韓国の王宮、昌徳宮の仁政殿内部が期間限定で観覧可能になりました。
国宝第225号に指定されている仁政殿は、
王の即位式、臣下たちのあいさつ、外国使臣の接見など、
国家の重要な儀式を行っていた所(昌徳宮パンフレットより)。
中の様子は、外から覗き見ることしかできませんでしたが、
この4月4日から今年(2013年)10月31日までの指定された時間、中に入ることができます。(無料)
観覧可能な曜日と時間は、

毎週木、金、土
11時、11時30分、14時、14時30分の4回、1回につき約20分間


入れるのは、先着50人。
開始10分前くらいに、次のような案内板が仁政殿の前に置かれるので、
そこに並んで待ちます。
2013年4月11日 昌徳宮案内板

時間が来たら、係の指示に従って、靴を脱いで中に入ります。
解説付ですが、韓国語のみ。
でも、外から見るのと中に入って見るのは全然違うので、ぜひ入って見てほしいです。
建物内部を見たり、中から外を見たり、内部で写真を撮るだけでも、入る価値あり。
20世紀初、西洋式に改造され、オンドル(床暖房)は普通の床に。
電燈やカーテン、ガラス窓にもそれがあらわれています。
2013年4月11日 昌徳宮内部1
2013年4月11日 昌徳宮内部2
私は韓国紙でこの情報を知ったのですが、今のところ積極的に宣伝してる感じでなく、
昨日訪れたときも、このことを知らせるポスターなどは特に見つかりませんでした。
もし可能なら、観覧可能な時間帯に行ってみることをおすすめします。
(参考記事:2013年4月5日 中央日報)
*韓国はよく予定が変更されるので、今後観覧時間などが変わる可能性もあるかもしれません。

スポンサーサイト

Comment

 

ぱんだパパもんの別荘にします。@(・●・)@
  • posted by ぱんだパパもん 
  • URL 
  • 2013.04/17 09:32分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はこ

Author:はこ
2011年3月~2014年3月の3年間韓国で生活。韓国滞在中の2013年2月に「もっともっと韓国」開始、完全帰国後も大阪からしばらくの間韓国情報を中心に発信してきました。が、帰国後日本、中国語文化圏の情報が増えたこともあり、タイトルを「もっともっとアジア」にしました。より多様な内容で進めていきますので、今後ともよろしくお願いします!
拙著『不思議がいっぱい韓国』もよろしくお願いします!

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR