Entries

外国語が通じないとき

不動産や役所の諸手続き、銀行などへの住所変更届……
仕方ないとはいえ、いろいろと面倒です。
3年間日本に住んでいなかったこともあって、国内での引っ越しよりややこしいですし。
でも、日本語だし、韓国で手続きするよりラク、と思っていたんですけどねえ。
自分でも落ち込んでしまうんですが、日本語を聞き取るのがむずかしい。
聞き取りだけでなく、自分が説明するのもしんどくて(;;)
今日も、郵便局で、転居届を出したくて行ったのに、しばらく話が通じませんでした。
思わず、「ああ、日本語でうまく説明できないんですけど」と言ってしまいました。

といっても、韓国語の方がペラペラ、じゃあないです。
聞き取れない、こっちの話が通じない、なんて日常茶飯事でした。
それでも今、日本語でのやり取りがちょっとしんどいのは、
3年間生活で韓国語を使っていたからかもしれませんね。

母語でうまくやり取りできないのもいやですが、それでも、日本では、
店員さんの話が聞き取れないときなど、一、二度聞き返すのは、
そんなに抵抗ありません。
店員さんの声が小さいとか、早口とか、うっかり聞き逃しちゃったとか。
聞き取りにくかったとき聞き返すのって、ごく普通のことですから。
まあ何度も何度も聞き返したら、いやな顔されますけど。
だけど、外国にいたら、相手の話が一度で聞き取れないとき、
なぜかあせっちゃうんですよね。
韓国に引っ越したばかりのときの私が、そうでした。
何とか理解しようと思えば思うほど、ますます意味不明になり、
何度も聞き返しているうち、店員さんがあきらめて、説明をやめちゃったり。
「日本人だからねえ、しかたないなあ~」
と苦笑いの顔にかいてあるのを見るたび、落ち込みました。
そして、店を出てから、「さっき、一体何を言おうとしたんだろう!?」
と家に着くまでそればかり考えたり。

しばらく経ってから、考え方をかえました。
「私は外国人。聞き取れないのは、当たり前。
聞き取れなくても、落ち込まない。
本当に大事な話なら、店員は私が理解するまで説明し続ける。
そうでないということは、大して重要な話じゃない!
だから、聞き取れないまま店を出ても、引きずらず、忘れること」と。
そして、相手に苦笑いされたり、ちょっとバカにされてるなあ~と感じ、
忘れたくても忘れられないときは、
そんなふうに扱われた自分を嘆くのでなく、ちょっと離れたところから自分を見て、
「ああ~今日も笑われちゃった!ハハハ」と考えるように。
そしたらちょっと気が楽に。
そしてそのうち、100%はムリでも、相手が何を言ってるのか、
要点はわかるようになり、あまり悩まなくなりました。
正直、今日本でやっている諸手続きより、ソウルを発つ前に行った携帯や銀行の
解約手続きの方が、やり取りがラクでした。
気を楽に持てば、そのうち慣れるってことですね。

海外に駐在するエリート社員や官僚が、カフェで注文がスムーズにできなくて
自分の語学力を嘆く、という話をたまに聞きます。
語学力を嘆くというより、ホンネは店員にプライドを傷つけられた、
ということなんじゃないかな。
オレみたいなエリートに向かって、たかがバイトのねえちゃんが!って感じで。
外国語って、偏差値が高ければ高いほど、よりできるわけじゃない。
私が今まで、この人の韓国語すごい!と思った日本人は、一流大卒じゃありません。
プライドなさすぎもどうかとは思うけど、プライドが高すぎると、外国語の習得には
弊害かもな、と韓国での3年間で実感しました。
気持ちの持ち方って、とっても大事ですね。

次回は、お店でよく聞かれたことを。
今日書こうと思ったんですけど、長くなっちゃったので(^_^;)

スポンサーサイト

Comment

NoTitle 

そうなんです。
私もコチラに住んでから、お店の人の言うことが
聞き取れなくて、よく聞き返してます。
これも老化のせいと、泣いたこともあるのですが。
日本語と言えど、リズム、テンポ、イントネーションが違うと分からないんですよね。
きっとそのうち慣れるだっぺよー^^;
  • posted by 七星 
  • URL 
  • 2014.04/09 16:40分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: NoTitle 

そうですね~!日本でも聞き取れないこと、よくありますよね。七星さんお住まいのあたりの言葉、私も聞き取るのがむずかしいです(^_^;)
関西弁は、だいたい聞き取れますけど(自分ではしゃべれない)、たまに知らない言葉があって、???なことが。
  • posted by はこ 
  • URL 
  • 2014.04/10 07:36分 
  • [Edit]
  • [Res]

そうそう、そうんですよね 

相手に苦笑いされたり、ちょっとバカにされてるなあ~と感じ、
忘れたくても忘れられないときは、

って、書いてあって、あ、これって、私だけじゃなかったんだー!!!!って、いまさらのように、思いましたね。こういうことこそ、留学の本とかに書いたらいいと思うんだけれど。そう思いませんか?

私は周囲に日本語が母語の人がいなかったので、(いるけれど、めったに会えない。)そういう苦しみや怒りを、共有できたり、笑い飛ばしたりすることが出来ませんでした。

で、同じように吹っ切れたのは、日本に留学していた韓国人の友人二人が遊びに来てくれて、私の悩みを吐露したとき、「外国人だから、日本人と同じように話せなくて、当たり前」っておもえたら、気持ちが楽になった!っていってくれて、それで私も少しずつ、楽になりましたね。

年齢が若い、脳が柔らかい人は、こういった苦労もないのかもしれないけれど。

昨年九州で日本語を話したとき、「韓国なまった日本語」っていわれて、そうかな?って思いました。今年の9月の職場復帰ではどうなることでしょう笑。それに対する私の対応がどんな風になるのだろうか、その点も、いまから期待しておこうと、思います。
  • posted by riesyuwa 
  • URL 
  • 2014.04/13 17:04分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: そうそう、そうんですよね 

外国語を勉強するときの、心理的な面について書いた本、そういえば思いつきませんね……
今度本屋で探してみようかな?
実は、とても大事な側面ですよね。

きっと、ソウルにいた私より、日常的に韓国語を使う機会がずっと多いと思います。
帰国後の日本語!どうなるか、楽しみですね。
  • posted by はこ 
  • URL 
  • 2014.04/14 14:29分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はこ

Author:はこ
2011年3月~2014年3月の3年間韓国で生活。韓国滞在中の2013年2月に「もっともっと韓国」開始、完全帰国後も大阪からしばらくの間韓国情報を中心に発信してきました。が、帰国後日本、中国語文化圏の情報が増えたこともあり、タイトルを「もっともっとアジア」にしました。より多様な内容で進めていきますので、今後ともよろしくお願いします!
拙著『不思議がいっぱい韓国』もよろしくお願いします!

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR