FC2ブログ

Entries

韓国生活で強く感じたこと2つ

前回は、韓国に住んでいても、いまだにわからない3つの不思議について書きました。
今回は、旅行で来ていたときは気づかなかったけど、暮らしていて感じたことを
書きたいと思います。
もちろんたくさんあるのですが、特に強く感じた2つについてです。

ひとつは、韓国の地理的位置。
9年前、半島南部を西から東へ旅したとき、李舜臣の銅像が日本に向かって立って
いるのを何度か見たのが、大変印象的でした。
韓国から日本がどう見えるのか。
日本から見ただけではわかりませんから、これは、自分の韓国への見方が変わる
きっかけとなりました。
そして、この3年間の生活を通じ感じたのは、中国との距離の近さです。
それについては、2013年11月14日ブログ記事
金薫(キム・フン)著『南漢山城』&歴史小説を原書で読む方法
(カテゴリー 本 映画)と、
2013年11月19日ブログ記事
ロッテワールドのそばにひっそりとたたずむ三田渡碑(カテゴリー 歴史)
に書いてありますので、関心のある方はぜひご覧ください。
旅行で来ていたとき、韓国にとって中国は?について考えることはほとんどありません
でしたが、生活していて、いろいろと考えさせられました。

自分の感じた範囲でいうと、韓国は、中国大好き!という人は、あまり(ほとんど?)
いないんじゃないかと思います。
日本には、中国嫌いがいる一方で、一定数の中国好きがいます。
関連書籍も多い。
でも、韓国はそうじゃないなあ、と。
もちろん、中国語の教材はいっぱい売られているし、中国語学習者も多いですよ。
今は日本語より中国語、です。
じゃあ中国が好きだから、興味あるから勉強するのか、というと、
どうもそんな感じがしません。
中国とのビジネスも盛んだし、韓国に来る中国人観光客も多い。
仕事になるから、お金になるから、必要に迫られて、生き残るため……
なんですよね、どちらかというと。
中国語教材だって、歴史や文化、文学などに親しみましょう、というよりは、
とにかくビジネス!HSK合格!

韓国人と会うたびに、韓国を訪れる中国人観光客の話題になります。
「声が大きくてうるさい」
「マナーが悪い」
などなど、どちらかというと、迷惑とか、嫌だ、という否定的な話が多い。
でも不思議なのは、「だからもう来るな」とは言わないんですよね。
心の中では、あまり来てほしくないと思っているのかもしれないけど、
来てくれるおかげで、経済的にも潤うから、なんでしょうかね。
先日、旧正月のとき沖縄を訪れた韓国人の話が、新聞に載っていました。
それによると、沖縄では、韓国人より中国人観光客がずっと多かった、と。
「今は、済州島に多くの中国人が来ているけど、このままだといつか
沖縄に中国人客を奪われるんじゃないか?」
と、心配する内容でした。
好きとか嫌いという感情と、ビジネスは分けて考えるのかな。
結構現実的なんですね。
韓国はずっとこうやって、中国と付き合ってきたのかな、とふと思いました。


もうひとつは、これは何度か触れていることですが、
日本の社会や文化に関する情報が、非常に多いことです。
韓国をイメージだけでとらえている日本人の中には、政治的に何か起きると、
半島全体が反日一色になる、と思っている人もいるようです。
仕方ない面もありますよね、日本の韓国情報って、韓流でなければ、
そういう内容ばっかりですもん。
でも暮らしていると、本当にそんなことはありません。
どんなに政治的に仲が悪くなっても、日本の書籍が韓国の本屋から撤去される、
なんてこともないですし。
私なんかより、韓国人の方がずっと、日本のドラマ、映画、小説、アニメについて、
詳しいです。
帰国したら、見なきゃ(^_^;)
共通の話題を作るためにも。
韓国人と会うと、韓国人は日本の好きな作家や作品についてうれしそうに話し、
私は韓国で気に入ったエッセイや小説などの話をする……こんなことが多いです。

日本のスポーツ選手に関する話題も多いですね。
写真は、羽生結弦選手関連の記事。
上の2枚は、ショートプログラムの後に出た記事で、
下のは金メダルをとった後の記事です。

2014年2月15日 中央日報 羽生結弦選手 2014年2月15日 朝鮮日報 羽生結弦選手

2014年2月17日 羽生結弦選手 金メダル報道

十数年前、日本の専門学校で日本語を教えていたとき。
ある韓国人留学生が、「歴史的にいろいろあるけれど、同じアジア人として、
世界で活躍する日本のスポーツ選手を、韓国人は応援しているんだ」
と言っていたのを、韓国紙のスポーツ欄に日本人選手が載るのを見るたび、
思い出します。


さて、今回でブログ記事250回目です!
エントリーナンバーは252なんですが、2度書き損じで削除し、番号が飛んだので。
あたたかいコメントや拍手、ありがとうございました。
読者のみなさんあってこその、ブログ更新です。
心から感謝しております。
ここでひとつの区切りとし、251回目からはペースを落としていきます。
引越しが一ヶ月後にせまり、そちらにエネルギーをより使わなければいけなくなって
しまったので(;;)(すでにペース落ちていますが^_^;)
加齢とともに、引越しのしんどさも強くなってきていますね~ 情けない。
トシを感じます。
でも、やめるわけではありません!ので、これからも気が向いたら、
訪問してやってくださいね^^
まだ紹介できていないこともたくさんありますし。
ネットには書きづらいけど、お会いして話すことならできる、とっておき?の話も
あります。
そんな企画も、落ち着いたら考え、お知らせできたら、と思います。
今後ともよろしくお願いいたします^^


スポンサーサイト



Comment

 

韓国には中国のぱんだはいません。残念。ぱんだが、日中韓の架け橋になれば‼🐼
  • posted by ぱんだパパもん 
  • URL 
  • 2014.02/24 17:38分 
  • [Edit]
  • [Res]

ソウル生活お疲れさまでした 

ソウルでの生活、お疲れさまでした。まだ引越しを残されているのでもう少しエピソードが出てきそうですけど(笑)
かつては日本人がお金を落とすので日本語を覚えたのでしょうか?でも日本人が韓国に対して持つ興味より、韓国人が日本に対して持つ興味のほうがずっと多いとは感じていました。ここ数年はそれでも一時期よりも反日感情は強いのではと思いますが、最近は日式居酒屋がやたらと目につきますね。七不思議韓国です。
  • posted by うー 
  • URL 
  • 2014.02/24 22:35分 
  • [Edit]
  • [Res]

ありがとうございます 

ありがとうございます。引っ越しに関する話は、何か出てきそうです。来月は、そんな話も書こうと思っています。

日式居酒屋、本当に多いですよね~ しかも、若い人で混んでいます。日本のビール、日本酒も人気があります。ただ、お店によっては、日本のビール注文しても、なんとなく韓国ビールの味が混ざっている?感じのときがありますけど。そんなことも、帰国したら懐かしい思い出になるかな、と思っています。

バスの話続編も、ありがとうございました。韓国の乗り物の話だけで、1冊の本が書けそう!?
  • posted by はこ 
  • URL 
  • 2014.02/27 10:55分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はこ

Author:はこ
2011年3月~2014年3月の3年間韓国で生活。韓国滞在中の2013年2月に「もっともっと韓国」開始、完全帰国後も大阪からしばらくの間韓国情報を中心に発信してきました。が、帰国後日本、中国語文化圏の情報が増えたこともあり、タイトルを「もっともっとアジア」にしました。より多様な内容で進めていきますので、今後ともよろしくお願いします!
拙著『不思議がいっぱい韓国』もよろしくお願いします!

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR