Entries

韓国で「共感漫画」 益田ミリ

2013年末、益田ミリの漫画3冊の韓国語版が出版されました。

2014年1月 チエ子さん1、2 夜空の下で

『泣き虫チエ子さん1』
『泣き虫チエ子さん2』
『夜空の下で』

の3冊です。
すーちゃんシリーズなど、今まで出版されたものと合わせ、
益田ミリの漫画の韓国語版は、全部で9冊。
韓国の、特に若い女性に人気です。

2013年12月26日のハンギョレに、
益田ミリの漫画についての紹介記事が載りました。
見出しの一部には、ミリ「共感漫画」
筆者の漫画コラムニスト氏の文には、
すーちゃんやチエ子さんへの愛情がこもっていました。
まるで自分の大事な友だちを紹介するかのように。
いまや韓国では、「益田ミリ」という作家名だけで本が売れるくらい
信用を得ているとも。
政治的には暗い日韓ですが、こういう漫画への熱い記事を読むと、
文化には国境がないんだなあ、とつくづく思います。
ちょっと救われますね。

2014年1月8日の毎日経済では、「シングルのあなたに贈る本」の中に、
すーちゃんが。

2014年1月8日 毎日経済 すーちゃん漫画

韓国で出版された9冊、私も買いました!
教保文庫のレジでは、若い男性が益田ミリの漫画を大事そうに抱え、
並んでいたのをしっかり目撃してしまいましたよ。
読者は女性が圧倒的に多いそうですが、
韓国の男性にも共感できる部分があるのかもしれませんね。
もしかして彼女へのプレゼントだったかも?
でも、この男性、本当にうれしそうにレジで順番待っていたんですよねえ。

実は私、日本語で読んだことがないんです。
益田ミリの新聞のコラムは好きで、読んでいるんですけど、
漫画は読んだことがなくて。
韓国紙にときどき紹介されているので、気になって買いました。
韓国で日本の情報(特に文化面)を得る、ということはたまにあります。
それだけ日本の情報が多いといえますね。
帰国したら、日本語のも買って、韓国語版と読み比べてみたいです。
楽しみ♪

*2013年9月3日ブログ記事 
 韓国で人気 益田ミリの漫画(カテゴリー:本 映画)
 でも紹介しています。
 よかったらご覧ください^^
 


スポンサーサイト

Comment

 

競争社会だけに、ほのぼのとした話を求めているひとが増えてきたんでしょう。そのうち、韓国でも、ユルキャラブームが起きるかな⁈🐼
  • posted by ぱんだパパもん 
  • URL 
  • 2014.01/16 19:01分 
  • [Edit]
  • [Res]

今度ソウルで買って読んで見たいです 

以前にも益田ミリさんの記事があったと記憶していますが、来月ソウルへ行くので一度探してみようかと思います。韓国語の小説を原語で読むのは中々重いので、翻訳マンガなら少しは読みやすいでしょうか?
いつも淡々とした、偏らない意見を書かれているので気持ち良く読ませて頂いてます。
  • posted by うー 
  • URL 
  • 2014.01/17 11:14分 
  • [Edit]
  • [Res]

ぜひ読んでみてください 

ありがとうございます。とてもうれしいです^^
漫画紹介は、昨年9月3日にもしています(カテゴリー:本 映画)。普通の本を読むよりは、ずっと気楽で楽しいですよ。私は、光化門の教保文庫の漫画コーナーで買いました。日本語書籍や、文具や雑貨などの売り場の近くです。楽しい滞在になりますよう!絵本もおすすめです。
  • posted by はこ 
  • URL 
  • 2014.01/17 19:38分 
  • [Edit]
  • [Res]

買って来ました! 

たまたま明洞のヌーンスクエアを通り抜けようとしたら本屋さんがあり、漫画コーナーに平積みされていました。人気なんですね。「やっぱり嫌いな人」「結婚しなくても大丈夫かな?」の2冊、タイトルに惹かれて買いました。日本への帰り道々既に1冊目の半分くらいまで読みました。中々面白くて読みやすいですね。次回訪韓したら他のものも購入しようかと思っています。素敵な本の紹介ありがとうございました。
  • posted by うー 
  • URL 
  • 2014.02/11 22:59分 
  • [Edit]
  • [Res]

感想追記します 

実は韓国人にこういう話しがうけるとは以外でもあり、嬉しくもありました。偏見かもしれませんがもっとガツガツ?したイメージが強いので。国は違えどみんな同じなんですね〜。
  • posted by うー 
  • URL 
  • 2014.02/11 23:16分 
  • [Edit]
  • [Res]

本、買われたのですね! 

スーちゃんの韓国語版、買われたのですね!よかった~ こういううれしいコメントをいただくと、ブログで紹介して本当によかった、と思います^^
韓国居住経験のある友人が、「こういう漫画が韓国で受けるなんて!いかにも日本人受けする内容だから」と、メールで感想を送ってくれました。そうですよね、こんなに受け入れられるなんて。うーさんの
おっしゃる通り、国は違っても悩みとか考えていることって、共通なんですね。
先日本屋に行ったとき、推薦図書コーナーの「20代向け」のところに、「結婚……」がしっかり置かれていました。韓国のスーちゃん現象、今後も注目していきたいです。
  • posted by はこ 
  • URL 
  • 2014.02/12 17:20分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はこ

Author:はこ
2011年3月~2014年3月の3年間韓国で生活。韓国滞在中の2013年2月に「もっともっと韓国」開始、完全帰国後も大阪からしばらくの間韓国情報を中心に発信してきました。が、帰国後日本、中国語文化圏の情報が増えたこともあり、タイトルを「もっともっとアジア」にしました。より多様な内容で進めていきますので、今後ともよろしくお願いします!
拙著『不思議がいっぱい韓国』もよろしくお願いします!

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR