Entries

凍結道に注意!

体重は減らないのに筋肉量は減少気味。
トシをとると筋肉がつきにくくなるということを、実感します。
特に最近は、運動不足もあってか筋肉だけが落ちていきます(;;)

散策が大好きですが、このところ控えていました。
寒さと、凍結道がこわいのとで。
日本からソウルに戻り、気温や湿度の違いなどで、
喉を痛めてしまい大事をとったこともあります。

今日、久々にちょっと歩きました。
今、外は1度。
先週末寒かったことを考えると、今日は比較的暖かいです。
東京や大阪で1度って、結構寒いですけど、湿度の違いか、
ソウルでは0度前後ならまだましな方です。

一年前は、結構雪が降りました。
今冬もすでに降りましたが、昨年よりは少ないです。
雪国の人から見たら、積雪量も全然大したことないと思います。
ソウルでは、昨冬10数センチ積もって大騒ぎでした。

問題は、積雪量より雪が降ったあとの道の状態です。
真冬は最高気温もマイナス何度という世界。
なかなか雪が溶けません。
メインの通りなら除雪も比較的行われますが、
路地裏に入ると、除雪もあまりされないのか、いつまでも凍ったままです。
日中の気温も上がらないし、日も当たらないので、ツルツルに凍ります。
白ければ、歩くとき気をつけるのですが、透明になってしまうとわかりません。
凍っているとは知らず、滑ってヒヤリとした経験は、一度や二度ではありません。
写真は、今日歩いた徳寿宮キル(道)。
雪の量はわずかですが、あちこち凍ってました。
それでも、この道は除雪作業をする人(緑色の服の人)がいるので、いい方です。
ソウルは坂が多いので、坂の上の方に住んでいる人は、本当に大変でしょう。

2013年12月18日 徳寿宮キル

雪が降ると、よく登場する言葉があります。
「빙판길」(ピンパンキル)。
「빙판」は氷板、「길」は道のこと。
凍結道ですね。
もうひとつ、よく聞く言葉が「낙상」(ナクサン)。
漢字で「落傷」と書きます。
落ちたり転んだりしてけがをすること、またはその傷を指します。

昨冬、凍結道で転倒しないためには、という記事を目にしました。
その中で、韓国らしいなあ、と思った注意事項がひとつ。
비틀거릴 정도(程度)로 과음(過飲)을 하지 않는다.
「비틀거리다」は、ふらふら歩く。
酔っぱらったときの千鳥足。
ふらふらになるほど飲みすぎないようにってことですけど、
なんとも……(^_^;)
ま、忘年会の多い年末ですけどね。

韓国に来る人は、滑りにくい靴でお出かけくださいね。

写真は、12月14日蚕室(チャムシル)石村湖(ソクチョンホ)にて

2013年12月14日 蚕室石村湖







スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はこ

Author:はこ
2011年3月~2014年3月の3年間韓国で生活。韓国滞在中の2013年2月に「もっともっと韓国」開始、完全帰国後も大阪からしばらくの間韓国情報を中心に発信してきました。が、帰国後日本、中国語文化圏の情報が増えたこともあり、タイトルを「もっともっとアジア」にしました。より多様な内容で進めていきますので、今後ともよろしくお願いします!
拙著『不思議がいっぱい韓国』もよろしくお願いします!

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR