Entries

韓国の大気汚染

寒くなるにつれ、韓国でも大気汚染のニュースが増えました。

空気が汚れていることは、外に出なくてもわかります。
窓を閉めていても、家の中にすぐホコリがたまる。
しかも、ウールのセーターなど衣服や生活用品から出るものより、
窓のスキ間から入ってきた物質の方が多い感じです。
なぜ室内に、砂状のものが多いのか?
空気の悪い東京や大阪に住んでいたこともありますが、
砂状のものが家の中にたまるということは、あまり経験ありません。
しかも、床拭きをすると、まっ黒。
なんか、家の中でも深呼吸できなくなっちゃいます。

PM-2.5は、韓国語で초미세먼지。
초=超、미세=微細、먼지はホコリ。
超微細ホコリ。わかりやすいですね。
PM-2.5より粒の大きいPM-10は、미세먼지。
韓国紙によると、ソウルのPM-10は、ワシントンの3倍、東京の2倍。
そして、韓国首都圏のPM-2.5の平均濃度は、先進国の都市の2倍。
ソウル25μg/㎥、京畿道32μg/㎥。
ニューヨーク14μg/㎥、パリ15μg/㎥なので、やはり高いですね。

濃度が高い原因のひとつは、中国。
春は黄砂、冬は暖房用の石炭。
中国の車の排気ガスや工業地帯から排出されるものも、
影響は少なくありません。
しかし、いくら近いといっても、中国だけではなく、
排気ガスや産業団地から出る大気汚染など、韓国自身の原因も。
例えば、ソウルのPM-10の61%は、自動車から出ているそうです。
確かに……東京のように駐車場代も高くないですし、
容易に車に乗る環境だな、と思います。
公共交通機関が発達していて、しかも安いのに、近い所に出かけるのも
すぐマイカーで行きますからねえ。
中国にしても、韓国にしても、マイカー利用を減らせばいいのに……
と、運転免許すらなく、バスや電車移動を不便に感じない私は思います。


今月はじめの中央日報によると、韓国の大気汚染は中国のせい、
という韓国報道に対し、中国報道は反撃に出たようです。
韓国自身の大気汚染だって原因なのに、中国のせいにばかりするな、と。
大気汚染問題だけでなく、最近の中国での韓流ブームに乗じて、
韓国のヤブ医者が中国に進出し、美容整形で大もうけをしているとか、
サムスンなど韓国企業のアフターサービスが悪いとか。
お互い国の位置は変えられないのだし、責任をなすりつけあうのでなく、
手を取り合って問題解決に当たればいいのに、と思うんですけどね。
中韓が迷いなく手を取り合えるのは、日本がらみの歴史問題だけなんでしょうか?

2013年11月23日 ソウル市内

2013年11月23日 家から撮影 スモッグ

参考記事:2013年11月4日、22日 中央日報
     2013年11月1日 朝鮮日報




スポンサーサイト

Comment

 

おいしい空気、ぱんだパパもんも吸いたいです。そういえば、ソウルで深呼吸をした経験があまり、ありません。🐼
  • posted by ぱんだパパもん 
  • URL 
  • 2013.12/01 23:56分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はこ

Author:はこ
2011年3月~2014年3月の3年間韓国で生活。韓国滞在中の2013年2月に「もっともっと韓国」開始、完全帰国後も大阪からしばらくの間韓国情報を中心に発信してきました。が、帰国後日本、中国語文化圏の情報が増えたこともあり、タイトルを「もっともっとアジア」にしました。より多様な内容で進めていきますので、今後ともよろしくお願いします!
拙著『不思議がいっぱい韓国』もよろしくお願いします!

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR