Entries

韓国 美容整形事情

前回書いた、韓国を訪れる外国人観光客の多くが理解できないとあげた、
「美容整形」。
今回は、韓国の美容整形事情を、新聞記事をもとに紹介します。

イギリスのある経済専門誌によると、
2011年、韓国では約65万件の美容整形手術が行われ、
人口に対する美容整形手術の回数が世界一になったそうです。
(2013年3月4日東亜日報より)
手術件数は、もしかしたら、実際はもっと多いかも。

日本にいたときから、ずっと気になっていた韓国の美容整形事情。
2年前ソウルに引っ越してから、ますますナゾが深まりました。
バスに乗っていても、よく耳にする美容整形外科の宣伝。
特に、カンナムに向かうバスは、多いです。
ビフォーアフターの写真は、アックジョン駅やシンサ駅に特に多く、
バスにも、同様の写真が堂々と貼られているのを時々目にします。
2013年3月16日の中央日報に、韓国の美容整形事情を詳しく紹介した
記事がありました。
結局、記事を読んでも、なぜ整形が多いのかはよくわからなかったのですが、
一部を紹介します。

まず、記事に登場した人たちについて。

両顎の手術を受けた、就活中の20代女性。
お母さんは、娘の手術費用のため自分のインプラント手術を我慢。
娘の手術後、「娘がきれいになることが、親にとって何よりの幸せ」
と涙。

記事を書いた記者の、
「外貌に不満を持つ女性たちにとって、美容整形は最も合理的な投資」
という文に続いて紹介された、ある美容整形外科医の言葉。
「塾にたくさんお金をつぎ込んでも、皆がソウル大に行けるわけじゃない。
でも、外貌は、投資した分だけきれいになれる」
(私はここを読んで、こういう考え方もあるんだ、とびっくりしたのですが、
勉強よりも皆平等に機会がある、ということなんでしょうか)

美容整形外科を訪れた、ある50代の女性。
「家政婦の仕事を探すにも、老けてみえたら雇ってもらえない」

複数回整形した、ある30代の女性。
「いまや整形は、化粧と同じで、社会人としての最低限の礼儀」


さて、整形する部位の傾向は、世代によって異なります。
10代は、「目」「鼻」。
二重の大きな目、高い鼻。
20代は、骨を削る大きな手術。
頬骨縮小、えらの張った輪郭をスッキリ小顔に。
30代は、肌の若返り手術。
若々しく、透明な肌のため、惜しみなく投資。
ある美容整形外科医の話によると、「貴族童顔手術」への
問い合わせが多いそう。(一体どんな顔になるんでしょう?)
また、20代で整形した部分を、30代に入って再整形。
流行に合わせて、目や鼻の形をかえる!
40~50代は、若く見せるための、瞼の手術。
また、美しいボディラインを作るための脂肪吸引。


……なんだか、「親からもらった体を、むやみにいじっちゃいけない」
なんて話は通用しなさそうです。
価値観が、根本から違う?もちろん、整形に反対の人もいるとは思うんですが。
考え方については、記事を読んでも結局よくわからないままでしたが、
前回も書いたように、顔(特に目や顎のライン)の似た美人が結構いるのは、
美容整形と関係あるんだなあと再確認。
あと、ソウルに来てずっと感心していたのが、中高年女性の肌の美しさ。
だったんですが、あれは、マッサージに熱心に通ったり、
しみやそばかす、しわ、ほくろなどをとるからかなあ、と。
よく、日本人は、「韓国人は、韓国料理を食べるから肌がきれい」
と言います。
私も、以前はそう思っていたんですが、最近は必ずしもそうじゃないと。
韓国料理、確かに野菜もたっぷりだけど、塩分がとても多いし、
とにかく調味料がたっぷり入っているので、逆に体に悪い部分も。
食べ物や生活習慣で内側からきれいになる、というよりは、
表面的にケアをしっかりしているからつやつやなのかもしれません。


美容整形は、バラ色の人生への入口になるだけではありません。
美容整形関連の被害の相談件数も増えていて、ある消費者保護機関へは、
2009年2011件、2010年2949件、2011年4043件。
術後の副作用などで、自殺者も。


さて、記事には、急増する中国人美容整形観光も紹介されていました。
仁川空港出国審査場では、パスポートの写真と全く違う
「若い」中国人女性の多さに、2010年から「整形確認証」をチェック。
出国審査で長く待たされるときは、そんな女性が前にいるからかも
しれません。
(写真は、アックジョン駅にて)
2013年3月20日アックジョン駅広告2
スポンサーサイト

Comment

 

ぱんだは、整形しなくても大人気です
  • posted by ぱんだパパもん 
  • URL 
  • 2013.03/27 00:15分 
  • [Edit]
  • [Res]

可哀想なお国 

コンプレックス社会なんですね。勉強に固執するのもわかる気がします。顔がお粗末ならばせめて頭ですもんね。ただ不思議なのが、不細工だらけじゃないですよね。普通、または、普通以上に綺麗な人もいますよね。ナチュラル、素地のいい人が女優になってないだけですよね。整形してまで女優になりたいなんて、日本の感覚ならば整形したら人前にでられなくなるのが常識的なのがここの国は真逆だから不思議。マァ、奥地の首長族や下唇に皿いれて美人と思っているお国もあることなんで、常識はそれぞれなんでしょうけれど、親が子供を整形させる事が摩訶不思議でなりませんがね
  • posted by 名無し 
  • URL 
  • 2014.02/03 08:25分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はこ

Author:はこ
2011年3月~2014年3月の3年間韓国で生活。韓国滞在中の2013年2月に「もっともっと韓国」開始、完全帰国後も大阪からしばらくの間韓国情報を中心に発信してきました。が、帰国後日本、中国語文化圏の情報が増えたこともあり、タイトルを「もっともっとアジア」にしました。より多様な内容で進めていきますので、今後ともよろしくお願いします!
拙著『不思議がいっぱい韓国』もよろしくお願いします!

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR