Entries

試行錯誤のソウル王宮夜間拝観

毎年春、秋に行われる王宮の夜間拝観。
昌慶宮では、すでに始まっています。

昌慶宮夜間拝観
2013年10月1~13日(7日休)
19:00~22:00(入場は21:00まで)
1,000ウォン


写真は、昨秋撮ったものです。

2012年10月 昌慶宮3

2012年10月 昌慶宮1 2012年10月 昌慶宮2


景福宮夜間拝観
2013年10月16~28日(22日休)
19:00~22:00(入場は21:00まで)
3,000ウォン


次の写真も、昨秋撮ったものです。

2012年10月 景福宮1

2012年10月 景福宮2 2012年10月 景福宮3


王宮の夜間拝観は、2010年秋から始まったそう。比較的新しい試みなんですね。
私は2011年春からソウルに住んでいて、何度か行きました。
困るのは、毎回時間や期間などが微妙に変わること。
韓国では、変更は日常茶飯事ですが。
毎回調べなくてはいけないので、ちょっと面倒。
気をつけなければいけないのは、今秋の夜間拝観から入場制限があること。
昌慶宮は、一日1,700人まで、景福宮は、一日1,500人まで、となっています。
一人が買えるチケットも、2枚まで。
入場制限を設けたのは、このところ入場者が多すぎて人があふれてしまうこと、
マナーの悪い客がどんちゃん騒ぎするなどで、収拾つかなくなってしまったことが
関係あるようです。

チケットはネット販売するので、ネットで買う人が多いかも。
ネット販売と現地販売、チケット数をどう配分しているのかまでは、
よくわからないんですが。
外国人には、ちょっと不便になってしまった感があります。
お年寄り、外国人など、ネットで買いづらい人向けに、電話での予約も受け付けて
いるようですが、とても枚数は少ないです。
まあ、そこまでして行く価値があるかどうか、ちょっとギモンですが。
個人的には、昌慶宮の夜景の方が好きです。

10月8日韓国紙情報によると、昌慶宮チケットのネット販売分は売り切れ、
当日券は一日600枚販売だそうです。
また、景福宮チケットのネット販売は、11日14時から始まるそうです。



ーおまけー

日本のお寺の夜間拝観、私のベスト3は、
1 東大寺
2 三井寺の夜桜(滋賀県)
3 長谷寺(奈良県)
東大寺は、大晦日と確かお盆の時期、長谷寺は大晦日に行きました。
同じ奈良の春日大社もよかったです。
あ、昨日写真を載せた東大寺二月堂も、日が暮れてから行くと、とてもステキですよ。
確か二月堂は、夜も出入り自由だったんじゃないかな。
夜桜、清水寺もいいんですが、三井寺は清水ほど混雑せず、
静かに過ごせるのがよかった。
だいぶ前のことなので、今は様子が変わっちゃったかもしれませんが。
お寺ではないけど、大阪城の夜桜もおすすめです。
宴会のお酒やおつまみのにおいがちょっとイヤですけど。
日本に完全帰国したら、またあちこち行きたいですね。





スポンサーサイト

Comment

 

ぱんだ舎の夜間公開、どうですか!寝てますう🐼昼も同じ。
  • posted by ぱんだパパもん 
  • URL 
  • 2013.10/05 12:18分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はこ

Author:はこ
2011年3月~2014年3月の3年間韓国で生活。韓国滞在中の2013年2月に「もっともっと韓国」開始、完全帰国後も大阪からしばらくの間韓国情報を中心に発信してきました。が、帰国後日本、中国語文化圏の情報が増えたこともあり、タイトルを「もっともっとアジア」にしました。より多様な内容で進めていきますので、今後ともよろしくお願いします!
拙著『不思議がいっぱい韓国』もよろしくお願いします!

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR